乳首の黒ずみにトラネキサム酸はアリ!むしろおすすめです!

乳首の黒ずみにトラネキサム酸はアリ!むしろおすすめです!

乳首の黒ずみを何らかの美白クリームなどでケアしていきたい場合、悩むのが成分ですよね。ビタミンCがあったり、プラセンタがあったり、トラネキサム酸があったり…。

 

今回はそんな黒ずみに有効とされる成分の中でも「トラネキサム酸」についてですが、トラネキサム酸は非常におすすめの成分になります!もう少し細かく紹介していくので、乳首の黒ずみにトラネキサム酸を使ってみたいという人はぜひ参考にしてみてくださいね。

乳首の黒ずみにトラネキサム酸は大アリ!

 

乳首の黒ずみは下着が擦れるなどの刺激により「メラニン」が集まってできています。この「乳首の黒ずみ=メラニン」だということを理解することが、今回最も重要になります。

 

例えば乳首の黒ずみを「古い角質」や「垢」だと思っていると、ケア方法が全く異なってきます。トラネキサム酸を使おうとしているということは「メラニン」だということをわかっていると思うので大丈夫だとは思いますが♪

 

とにかく「乳首の黒ずみ=メラニン」ということを覚えておきましょう。

トラネキサム酸の効果

アミノ酸の一種であるトラネキサム酸(トランサミン)には、メラニンの生成を抑制する作用、炎症を抑える作用などがあり、肌荒れやシミ、そばかすを改善し予防する効果があります。

 

引用:【医師監修】副作用はある?美白やシミに使うトラネキサム酸 | スキンケア大学


このように、トラネキサム酸にはメラニンの生成を抑制する効果が期待できるのです。つまり、乳首の黒ずみをこれ以上作らせないために非常に有効な成分と言えるでしょう。

もともとは医薬品で、たまたまシミ(肝斑)が改善されて発見された

トラネキサム酸のすごいところは「メラニン(黒ずみ)」を治そうと思って作られたものではない点です。もともとは病院で「アレルギー薬」や「止血」「蕁麻疹」などの薬として使われていました。

 

しかし、そうして使っていると患者の「肝斑(シミ)」が治ったという報告があったのです。たまたま見つかっただけにとても説得力がある成分なんですよ♪

ただし「予防向き」という声もある

 

トラネキサム酸は非常に優秀な成分なのですが、効果のところでも説明したように「メラニンの生成を抑制する」力が期待されています。

 

詰まり、今ある黒ずみをケアするというよりは「これ以上黒ずみを作らせないため」であるという考え方もできます。

 

つまりトラネキサム酸だけを塗っても、予防はできるけど改善は難しいのではないかという話ですね。これには確かに一理あります。

 

ただ、どっちにしてもトラネキサム酸単体のクリームはなく、トラネキサム酸と他の成分を配合したクリームなどを塗っていくことになるかと思うので、そこまでは意識しなくても大丈夫かと思います。

 

トラネキサム酸を使用しつつ、乳首の黒ずみに最適なクリームもいくつかありますので、次の記事も参考にしてみてくださいね。

 

結論としては乳首の黒ずみにトラネキサム酸はアリ!

 

いろいろ書いてきましたが、乳首の黒ずみにトラネキサム酸は大いにアリです。多少、予防向きなんじゃないかみたいな意見もありますが、厚生労働省が認めている有効成分なので、少なくとも何の意味もない成分ではありません!

 

あとは他に何の成分が配合されているのかなどを見ながら自分にぴったりのクリームと出会って正しくケアしてあげてください。