乳首の黒ずみにビタミンCはアリ!ただしビタミンCの種類に注意

乳首の黒ずみにビタミンCはアリ!ただしビタミンCの種類に注意

乳首の黒ずみに美容液や美白クリームを塗っていく場合、知識のある人は「成分」を気にされるかと思います。この「成分から考える」という方法は、非常に合理的で一番おすすめの方法です。

 

そこで今回は乳首の黒ずみにビタミンCは有効なのかどうかを解説していくので、ぜひ参考にしてみてください。

乳首の黒ずみにビタミンCは大アリ!

 

乳首の黒ずみは下着などの擦れにより「メラニン」が溜まってできています。日本人の乳首は元々少し茶色いですが、そこに日々の刺激によってメラニンが集まり、さらに黒くなってしまっているイメージですね。

 

考え方として「メラニン」に「ビタミンCは効くのか」というのが今回の焦点になります。

ビタミンCの効果効能

ビタミンCには、活性酸素を抑える抗酸化作用、できてしまったメラニンを還元する作用、新陳代謝を促す作用、皮脂分泌のコントロール作用、コラーゲンの生成促進などの優れた美肌効果があります。

 

引用:【医師監修】ビタミンC誘導体の効果 | スキンケア大学

  • 活性酸素を抑える⇒メラニンの抑制
  • メラニンの還元⇒できてしまったメラニン黒ずみをケアできる

この2点からして乳首の黒ずみにビタミンCを使うのは大ありだと言えるでしょう。

でも、ただのビタミンCではダメ!

 

ビタミンCというと真っ先に思いつくのはレモンなどの果物ではないでしょうか。レモンにはピーリングの役目をするフルーツ酸に加えビタミンCも入っているので、黒ずみに使おうとする人がいます。

 

しかし、ビタミンCは非常に壊れやすい成分なのでそのまま塗っても肌に浸透することができません。

 

そこで登場するのが「ビタミンC誘導体」という成分です。ビタミンC誘導体はビタミンCを安定化させた成分で、肌の中に入るとビタミンCに変化する成分です。

 

ただのビタミンCを乳首に塗っても意味がないですが、ビタミンC誘導体ならしっかりと本来の効果を発揮してくれます。

ビタミンCは少し刺激が強い点も意識

 

乳首の黒ずみにビタミンCを使いたいという人はひとまず「ビタミンC誘導体」が配合された「医薬部外品」であれば問題ありません。

 

ただ、肌が敏感な人は少し注意が必要です。というのも、ビタミンCは皮脂の分泌を抑制するので「乾燥」を招きやすくなります。

 

肌が強い人でも乳首は敏感な場所なのでもしかすると乾燥や肌荒れを起こす可能性もあります。

 

もし不安だという人はビタミンC以外でも「メラニン」に有効な成分はトラネキサム酸やプラセンタなどがあるので、肌に優しいものを選ぶのもありですよ。

乳首の黒ずみにビタミンCはアリだけど敏感肌の人は注意

 

注意点などもいろいろ挙げましたが、基本的にはビタミンC誘導体は良い選択です。顔用などは少し刺激が強いかもしれないので、できれば乳首用のクリームでビタミンC誘導体が入っている物を選んでみると良いでしょう。

 

参考までに乳首の黒ずみクリームのおすすめを3つ紹介しているので、よろしければチェックしてみてくださいね。