乳首の黒ずみはヨーグルト(ホエー)でケアできる?使い方や効果

乳首の黒ずみはヨーグルト(ホエー)でケアできる?使い方や効果

乳首の黒ずみを何とかしたいと思った時に「ヨーグルトを使ったケア」を思いつくことがあります。ヨーグルトは顔やヒジヒザのケアに使えるので乳首の黒ずみにも使えるのではないかという話ですよね。

 

結論から言うとヨーグルトで乳首の黒ずみをケアすることはできます。今回はなぜヨーグルトで乳首の黒ずみがケアできるのかや使い方、どのくらいの期間を要するのかなどを解説していくのでぜひ参考にしてみてください。

ヨーグルトは「ピーリング」として使える

 

ヨーグルトには「乳酸」が含まれており、乳酸は古い角質を溶かしてくれるため、ピーリングのような効果をもたらしてくれます。

 

また、ヨーグルトの上澄みである「ホエー」には様々な栄養が含まれているので肌の新陳代謝を促して健康的な乳首を目指すことができます。

 

さらにもともと食品であるため肌にも優しく、デリケートな乳首にも使いやすいアイテムになります。

ヨーグルトで乳首をケアする方法

用意するもの

  • コットン
  • ヨーグルト

やり方

  1. ヨーグルトとホエーをしっかり混ぜる
  2. コットンにヨーグルトを塗る
  3. 乳首に貼る
  4. 5〜10分放置
  5. 優しく洗い流す

やり方はたったこれだけなので非常に簡単ですね♪

ヨーグルトだけで乳首の黒ずみをケアするにはどのくらいの期間必要?

 

ヨーグルトだけで乳首の黒ずみを治そうと思った場合は「6カ月〜1年くらい」を目安にじっくりケアしていく必要があります。

 

ヨーグルトに含まれる乳酸は肌に優しい代わりに効果が穏やかなのです。市販のピーリング剤は刺激が強すぎておすすめできないので、「ピーリング」でケアしていく限り仕方のないことです。

 

また、当然ですが乳製品アレルギーのある人はやめておくか二の腕などでパッチテストをおこなうようにしましょう。

どうしてもピーリングで乳首の黒ずみをケアしたい場合は美容皮膚科へ

恐らく、どうしてもピーリングでケアしたいという人は少ないかもしれませんが、もし居たとすれば美容皮膚科を受診しましょう。

 

美容皮膚科でおこなう「ケミカルピーリング」であればより濃度の高い乳酸を使ってくれるので2ヶ月くらいで効果が現れることもあります。

自分でケアするなら素直に美白クリーム一択!

 

自宅で、自分で、ケアする方法はヨーグルト以外にもいろいろあります。

  • 砂糖
  • 重曹
  • レモン

しかし、どれも民間療法でしかなく、かなりの時間を要してしまいます。乳首の黒ずみにピーリングは逆効果!でも紹介したように、最悪の場合逆に黒ずみが濃くなってしまうこともあります。

 

顔のシミやくすみに美白美容液を使うのが当たり前なように、乳首の黒ずみにも乳首の黒ずみ用クリームを使うのが一番理にかなっています。

 

ヨーグルトよりも少しお金はかかりますが、本気で乳首の黒ずみをケアしたい場合はぜひ1度チェックしてみてくださいね。

 

ヨーグルトで乳首の黒ずみをケアするのは大変

 

ヨーグルトを使った美容法は決して悪いものではありません。しかし、美白効果があるかというとまた別のお話。保湿や肌をツルツルにする効果はあっても黒ずみをケアするのは難しいです。

 

乳首の黒ずみは正しくケアすれば薄くすることが可能なので、自分に合った方法を見つけて綺麗な乳首を目指していきましょうね。