乳首の黒ずみにピーリングは逆効果!優しく正しいケアをしよう!

顔のシミやくすみに使われることの多いピーリングですが、乳首の黒ずみにも使用できるのでしょうか?――実はピーリングは逆効果で黒ずみをより濃くしてしまう可能性があるのです。

 

ですから、乳首の黒ずみケアにピーリングは向いていないのですが、ただそう言っても意味がわからないですよね。

 

今回はなぜピーリングが乳首の黒ずみには逆効果なのかを解説した後に、正しいケア方法を紹介していくのでぜひ参考にしてみてください。

ピーリングは「酸の力」で古い角質を剥がすもの

 

ピーリングは主にフルーツ酸などを主成分とする酸性のアイテムです。この酸性が肌の古い角質を溶かして剥がすことで、新しい肌が出てきてツルツルになります。

 

ただ、それだけなのです。

 

乳首の黒ずみは「メラニン」という物質が集まってできていて「古い角質の集まり」ではありません。もし、乳首をツルツルにしたいという場合はピーリングもアリですが、黒ずみケアのためにピーリングを使ってもなにも変わりません。

それどころか逆効果に…

ピーリングを使ってツルツルになるだけなら別に問題ないのですが、実は逆効果で乳首の黒ずみが濃くなってしまうこともあります。

 

これはピーリングの「酸」が乳首にとって刺激になってしまうためです。乳首の黒ずみは基本的にブラの擦れなどが原因でできますが、ピーリングも刺激が強いので、黒ずみ(メラニン)が作られてしまうというわけです。

 

私たちは黒ずみをケアするためにこのメディアを書いているので、黒ずみが濃くなってしまう可能性のあるピーリングをおすすめすることはできません…。

乳首の黒ずみをケアするためには「なるべく刺激のない方法」を

 

乳首の黒ずみをケアするためにピーリングだけがダメ!というよりは「刺激のあるケア方法がNG」と考えたほうが自然です。

  • ピーリング
  • スクラブ
  • ゴマージュ

このあたりは皮膚の表面をケアするもので、どれも刺激があります。こういうものでなく、なるべく刺激が少ないものでケアしていくのが乳首の黒ずみをケアしていくうえでとても重要です。

「メラニン」に有効な成分を取り入れる

乳首の黒ずみが「メラニンである」ということがわかれば、ケア方法は難しくありません。メラニンは顔のシミやくすみと同じ物質だからです。

 

わかりやすいのが「顔用の美白美容液」。顔のシミをケアするためには美白美容液を使用しますが、美白美容液にはメラニンに有効な成分が入っています。

  • トラネキサム酸
  • プラセンタエキス
  • ビタミンC誘導体

この成分は「メラニンに有効」であることが認められているので美白美容液には多く使用されています。

乳首用の美白クリームもある

顔用の美白美容液を乳首に塗っても良いのですが、乳首はデリケートなのでできれば乳首用のクリームを使いましょう。成分的には美白美容液と変わりなく、乳首にも使いやすいように調整されています。

 

おすすめの3選を編集部でまとめているので、本気で乳首の黒ずみをケアしていきたい人は参考にしながら選んでみてくださいね!

 

乳首の黒ずみにピーリングは必要なし!

 

ピーリング自体は素晴らしい美容法です。でもあくまで「肌をツルツルにできる」というだけで、黒ずみ(メラニン)に対しては効果がありません。何度もお伝えしてますが逆効果にもなってしまいます。

 

乳首にピーリングをするくらいなら何もしないほうがマシなくらいの話なので、とりあえずピーリングをしてみようと思ってた人は中止してください。

 

金銭的にあまり余裕がない人は顔用の美白美容液を塗っておくだけでもだいぶ違うので、ぜひ自分に合った方法で優しくケアしてあげてくださいね。

 このエントリーをはてなブックマークに追加