乳首の黒ずみはオロナインでは治らない!優しく正しいケアをしよう

乳首の黒ずみが気になってなにか解決策を探しているとき、ふと思いつくのが「オロナイン」です。家庭用の常備薬なだけあって手軽に使えるので便利ですよね。

 

しかし、残念ながらオロナインに乳首の黒ずみをケアする力はありません。今回はなぜオロナインが使えないのかを簡単に紹介した後に、乳首の黒ずみの正しいケア方法を紹介していくので、ぜひ参考にしてみてください。

オロナインが乳首の黒ずみに使えないのはなぜ?

 

オロナインの効果効能はこのようになっています。

  • にきび
  • 吹出物
  • はたけ
  • やけど(かるいもの)
  • ひび
  • しもやけ
  • あかぎれ
  • きず
  • 水虫(じゅくじゅくしていないもの)
  • たむし
  • いんきん
  • しらくも

出典:オロナイン公式


もちろんですが、黒ずみ煮とは書いてありません。しかしネットなどでは「オロナインで黒ずみケア」なんてことが言われています。

 

実はこれ「オロナインパックによる毛穴の黒ずみケア」のことを指しているんですね。

 

一時期話題になったので知っている人も多いかと思いますが、オロナインは鼻に塗って放置して剥がすと毛穴の角栓を取り除くことができます。

 

このことを「黒ずみケア」と言ってしまっているために誤解が起きてしまっているのです。現に、膝の黒ずみや脇の黒ずみにもオロナインを使おうとする人がいますが、効果はありません。

乳首の黒ずみの正しいケア方法は?

 

乳首の黒ずみは「メラニン」という物質が集まってできてしまっています。日本人の乳首はもともと茶色っぽいですが、下着の擦れなどが原因で茶色が濃くなって黒ずみになっています。

 

つまり、乳首の黒ずみをケアするためにはこの重なってしまった「メラニン」をケアする必要があるのです。

 

メラニンは顔にできるシミやくすみと同じものなので、「美白美容液」などが正解です。ただし、乳首は皮膚が薄くデリケートなので肌に優しいものを使用しましょう。できれば乳首用のクリームなどが望ましいです。

 

ただし、乳首の傷や吹き出物には使える

オロナイン自体は非常に良いお薬です。編集部の事務所にも常備してあります。だからこそ、間違った使い方をして「オロナインは使えない」なんて思ってほしくありません。

 

オロナインはそもそもが吹き出物や傷に塗るものなので、乳首に傷や炎症が起きた場合には使用し、黒ずみには黒ずみ用のクリームを用意するようにしましょう!

オロナインはすごく良い薬だけど黒ずみ用ではない

 

今回はメラニンがどうのと少し難しいお話になってしまいましたが、ご理解いただけたでしょうか。

 

要は乳首の黒ずみは「顔の染み(メラニン)」と同じなんです。顔のシミにオロナインを塗っても意味がないように、顔のシミには顔用の美白美容液を使うように、乳首にもオロナインではありません。

 

乳首の黒ずみの正体さえわかってしまえば、あとは根気強くケアしていくだけなので、諦めずにしっかりケアしていきましょうね!

 このエントリーをはてなブックマークに追加