乳首の黒ずみの原因は?ケア次第でピンクの乳首になれる?

乳首の黒ずみの原因は?ケア次第でピンクの乳首になれる?

乳首の黒ずみは非常に悩ましいですよね。年齢に関係なく、誰しもが1度は悩んだことがあるはずです。

 

今回はそんな乳首の黒ずみの原因を紹介していくので、日々の予防に役立てていってください。

乳首の黒ずみの原因

 

乳首の色が黒ずんでしまう原因は主に3つあります。

  1. 日本人はもともと茶色っぽい人が多い
  2. 下着の擦れや摩擦などの刺激によって黒ずむ
  3. 妊娠や生理による女性ホルモンの影響

このうち1と3はどうしようもありません!特に1の「日本人にはもともと茶色っぽい人が多い」は人種によるメラニンの量で決まっています。

 

簡単に言うと白人ならメラニンが薄く、黒人ならメラニンが濃い、日本人は黄色人なのでその中間です。日本人の中でも色白の人は乳首の色も薄く、色黒の人は乳首の色も濃いと思って良いでしょう。

 

妊娠や整理による女性ホルモンは体に備わっている機能なのでどうすることもできません。これは妊娠が終われば元に戻ることもあれば戻らないこともあります。

自分で意識できるのは2の「下着の擦れや摩擦などの刺激によって黒ずむ」

 

1,2,3と原因を挙げましたが、実は多いのが2番で、自分で意識して予防できるのも2番です。「摩擦などの刺激」は自分で意識することで予防できるのでもう少し細かく見ていきましょう。

ブラがあっていない

ブラが自分に合っていない場合、特にブラが大きすぎる場合には乳首が擦れて摩擦による刺激が起き、黒ずみを作ってしまっている可能性があります。

 

逆にブラがきつすぎる場合はブラ紐が擦れて肩や脇に黒ずみができてしまいます。大きすぎても小さすぎても黒ずみを作る原因になってしまうので、自分に合ったブラのサイズを選びましょう。

ノーブラの時がある

家にいるときノーブラで過ごしている人も注意が必要です。シャツやTシャツが乳首と擦れて黒ずみの原因になってしまうためです。どうせノーブラになるのであれば裸の方がまだ黒ずみを作りにくいです。

ナイロンタオルでゴシゴシ洗っている

黒ずみを落とそうとしてゴシゴシしたり、何となくでゴシゴシ洗っていませんか。とにかく摩擦による刺激は黒ずみを作ってしまうので、どんな場面でも刺激を与えないように注意しましょう。

触るクセがある

これは少ないかもしれませんが、乳首を触ってしまう癖がある人は注意しましょう。妊娠して授乳が始まって乳首が黒ずむのは「赤ちゃんがおっぱいを吸う刺激から乳首を守るため」と言われています。

 

触るクセがある人は授乳じゃないですが、「日常的な刺激」という意味では同じなのでカラダが勘違いして乳首を守ろうと黒ずみを作ってしまう可能性があります。

乳首の黒ずみの原因を知って予防していこう

 

日本人であれば、乳首の黒ずみはある程度仕方がないものです。でも、今回紹介したような「外的要因」が原因で黒ずみが発生しているとすれば、それらをやめて予防し、しっかりとケアしていけば本来の色に戻すことができます。

 

まずは乳首に黒ずみを作ってしまう行動を見直してできるだけ黒ずみを作らないように気を付けていきましょう。