お尻の黒ずみに尿素は使える?使い方や効果で解説!

お尻の黒ずみに尿素は使える?使い方や効果で解説!

お尻の黒ずみに尿素が使える、という口コミをたまに目にすることがあります。

 

しかし、お尻の黒ずみが「メラニン」という物質で、尿素は「弱いピーリングのようなもの」とわかっていれば、あまり効果がない…ということは言うまでもないでしょう。

 

今回はそんな尿素がお尻の黒ずみにあまり効果がない理由を解説して、正しいお尻の黒ずみのケア方法を紹介していくのでぜひ参考にしてみてください。

尿素ってどんな効果があるの?

 

尿素は名前から想像するに、少し汚い成分のような気もしますが、実は人間の肌にもともと存在する「保湿成分」になります。

 

しかし、お尻の黒ずみに効くとされているのは保湿効果ではなく、尿素に備わっている「角質溶解効果」です。

 

角質溶解効果は名前の通り角質を取り除く、ピーリングのような効果のことです。

 

ちなみに市販だと尿素クリームやケラチナミンが有名です。

尿素はこんな場面で使える

  • 乾燥している(保湿)
  • 皮膚がゴワゴワしている(やわらかくする)

尿素を正しく使おうとしたら上記の2点です。

 

ではお尻の黒ずみは「ゴワゴワしている」でしょうか?

お尻の黒ずみはゴワゴワしてない!!

 

少しお尻の黒ずみを触ってみるとわかりますが、別にゴワゴワしているわけではないんです。

 

冒頭でも書いたように尻の黒ずみは「メラニン」という物質で、肌の表面ではなく肌の奥から続いて存在しています。

 

ちょうどこの図のようになっています。尿素で取り除けるのは角質層の一番表面だけなので、黒ずみをケアするのは難しいと言えますね。

 

また、尿素は市販のピーリング剤よりも効果が弱いです。市販のピーリング剤よりも刺激は少なくて肌との相性も良いですが、お尻の黒ずみに使うにはどっちにしてもおすすめではありません。

こんな場合は尿素も使えるかも?

もし、お尻の黒ずみの部分がゴワゴワしていたら尿素を使うのもありです。

 

ほとんどの人はゴワゴワしていないと思いますが、ニキビ跡やひどい座りあざ跡ならあり得るかもしれません。

 

まずは自分のお尻の黒ずみがどういう状態なのか判断することが大切です。

ゴワゴワしていないお尻の黒ずみのケア方法

 

通常のお尻の黒ずみをケアするのであれば「メラニン」に効果的な成分を届けることが必須です。

 

例えばプラセンタやトラネキサム酸などが良いです。

 

その他、ピーリングやスクラブと言った美容法はお尻の皮膚に刺激を与えて余計にメラニンを作ってしまうので注意してください。

 

メラニンに有効とされる成分を含んだ美容液やクリームを「塗るだけ」が最もおすすめな方法になります!

お尻の黒ずみを尿素だけでケアするのは難しい!

 

お尻の黒ずみはメラニンという物質で、尿素は皮膚のゴワゴワを改善するもの。お互いの意味を理解すると全く違う世界の話だということがわかります。

 

尿素は刺激も少ないので試してみるのも良いですが、どうせなら意味のあるケアをして綺麗なお尻を手に入れていきましょうね!