【レビュー】インティマウォッシュジェルの使用感や効果まとめ

【レビュー】インティマウォッシュジェルの使用感や効果まとめ

デリケートゾーンの匂いが気になる、ムレが気になる、ボディソープがしみる…あまり話題には上がらないけど実は多くの人が気になっている悩みです。これらは単純に今使っているボディソープが合っていないのかもしれません。

 

そこで今回試してみたのがポーランドで10秒に1本売れているという「インティマウォッシュジェル」です。

 

デリケートゾーンにはデリケートゾーン用ソープ!ということで、使い心地などをレビューしていきます。デリケートゾーンのかゆみやムレ、ボディソープが合わないと感じる人はぜひ参考にしてみてくださいね。

デリケートゾーン用ボディソープって何?必要?

 

デリケートゾーン用のボディソープは簡単に言うと以下のような特徴があります。

  • 洗浄力が優しい
  • デリケートゾーンと同じ弱酸性
  • 肌に優しい保湿成分が含まれている
  • 嫌味のない香りがする

デリケートゾーンは名前の通りデリケートな部分ですから、最も大切なのは「穏やかな洗浄力」と「弱酸性であること」です。一般的に売られているボディソープはアルカリ性で洗浄力が高すぎるので、特に今使っているボディソープで痛みや痒みがとれない場合はデリケートゾーン用ボディソープを検討する必要があります。

インティマウォッシュジェルを使ってみました!

 

日本じゃないにしろ10秒で1本売れていると言われれば、編集部としてもかなり気になるので使ってみることにしました。まず容器はこんな感じです。あまり飾っていないのでシンプルで万人受けしそうです。

 

色は緑っぽいソープで、軽く糸を引くくらいの粘度があります。

 

まずは泡立ちをチェック。

 

メインの洗浄成分はコカミドプロピルベタインというヤシの実由来の成分を使用しています。洗浄力が穏やかなかわりに泡立ちも少し弱い成分ですが、問題なくモコモコの泡を作り出すことができました。

 

早速、洗ってみましょう。写真は腕ですが、デリケートゾーンも洗ってみています。今回試した編集部員は肌が敏感な方ですが、ヒリヒリしたりはしていない様子。

 

軽く洗った後に洗い流します。泡切れも良く、つっぱらなかったのでボディソープとしての機能はばっちりです。

 

ちなみに香りは3種類あるのですが、今回はタンポポ根エキスのものを選びました。ハーブ系の、アロマのような香りで非常に清潔感のある香りがします。

インティマウォッシュジェルを試して分かったこと

 

インティマウォッシュジェルはとにかくしみない、痛くないのが最大の特徴かなと思います。また、洗浄力が強すぎるとデリケートゾーンを綺麗にしておいてくれる「善玉菌」を流してしまって逆に不潔になりますから、優しく洗えるインティマウォッシュジェルなら安心できると言えるでしょう。

口コミでは子供に使っている人も多数

3歳の娘が普通のボディソープだと痛がるので、インティマを試してみました。本人が痛がらなくなったので、子供でも安心して使えるようです。
おむつかぶれしている娘に使ってみたら痛がらなくなりました。
助産師さんにおすすめされて、娘と一緒に使っています。

子供でも使えるということは、大人ならなおさら痛みを感じずに使えますね。

コスパや買いやすさ、続けやすさは?

 

インティマウォッシュジェルは容量が2タイプあります。

  • 200ml:750円
  • 500ml:1805円

また、どれも単品購入なので、定期購入のように難しく考える必要もありません。デリケートゾーンにだけ使っていると200mlでも2ヶ月以上持つのでコスパも非常に良いです。

 

もし、今使っているボディソープでデリケートゾーンが匂う、かゆい、かぶれる、と言った悩みをお持ちならぜひ試していただきたいと思います♪