【逆効果!?】デリケートゾーンのにおいは重曹でケアできる?

【逆効果!?】デリケートゾーンのにおいは重曹でケアできる?

重曹を使った美容方法は、コスパも良いし非常に便利ではありますが、デリケートゾーンに使うとなると少し危険な香りがします。

 

今回はそんな重曹の効果とデリケートゾーンに使った場合の危険性、正しくはどうケアしていけば良いのかを紹介していきますので、ぜひ参考にしてみてください。

重曹+石鹸でスクラブ効果&消臭効果

 

重曹の使い方は非常に簡単で、泡立てた石鹸やボディソープに重曹をひとつまみ入れて洗うだけです。これで「スクラブと消臭効果」を得ることができます。

 

この方法で足の臭いや毛穴の汚れ、古い角質を落としてツルツルの肌にするには非常に便利ですよね。

 

ただ、冒頭でも紹介したようにデリケートゾーンに使うのは危険なんです。

デリケートゾーンに重曹を使うことで逆に臭くなる!?

 

デリケートゾーンは「酸性」に保たれることによって「雑菌が繁殖しないように」なっています。対して重曹は「アルカリ性」なので、デリケートゾーンが中和されて酸性が弱くなってしまう恐れがあります。

 

デリケートゾーンから酸性が失われたら・・・雑菌が繁殖して悪臭が出る原因になってしまうんですね。

 

また、デリケートゾーンは名前の通りデリケートな部分なのでかなり刺激になるはずです。むしろ、絶対にやめるべき方法と言えます。

正しくデリケートゾーンのにおいをケアするには

 

デリケートゾーンのにおいの原因のほとんどは「雑菌によるもの」です。雑菌は尿や汗、オリモノや経血をエサとして繁殖していきます。

 

これを抑えるために、ナプキンをこまめに変えたり、お風呂で恥垢をしっかり落とす、ウィシュレットなどで常に清潔にしておくことが最も簡単で最適な方法です。

 

重曹を使うとアルカリ性になってしまうと書きましたが、必要なのは「弱酸性の石鹸」です。弱酸性の石鹸を使用して優しく、かつしっかり洗うことでにおいもおさまることがほとんどなのです。

 

もし、この方法で常に清潔にしていても強い匂いが続く場合は感染症も疑われるので、病院に相談したほうが良いかもしれません。

 

まずは騙されたと思って今より数倍、清潔を心がけて生活してみてくださいね!