【正しくケア】デリケートゾーンのにおいは更年期で悪化する!?

【正しくケア】デリケートゾーンのにおいは更年期で悪化する!?

更年期になると様々な悩みが出てきますが、中でも気になる問題として「デリケートゾーンのにおい」があります。更年期にはほとんどの場合、デリケートゾーンの悩みを持っていると言っても過言ではありません。

 

そこで今回は更年期にデリケートゾーンが臭くなってしまう原因を簡単に紹介して、正しいケア方法を紹介していくのでぜひ参考にしてみてください。

更年期にデリケートゾーンがにおう原因

 

更年期が始まる年齢には個人差がありますが、更年期に入ると女性ホルモンが減って膣の酸性の維持が難しくなり、自浄洗浄機能が衰えることで雑菌が繁殖しやすくなります。

 

通常は膣内に住む良い菌が雑菌を抑えてくれていますが、この良い菌が少なくなることで雑菌が繁殖してにおいを生み出してしまうというわけです。

 

女性ホルモンの量はそう簡単に増やせるものではないですから、こればかりはどうしようもありません…。

ただし、雑菌を増やさない工夫はできる!

 

更年期で女性ホルモンが少なくなるからと言って何もしないままでは変わりません。そこで、雑菌をなるべく繁殖させない方法を紹介していきます。

清潔にする

デリケートゾーンの雑菌繁殖を抑えるためには清潔にすることが最も大切です。

  • お風呂の時にしっかり洗う
  • ナプキンやオリモノシートはこまめに変える
  • できれば下着もこまめに変える
  • 通気性の良い下着にする
  • ウェットシートやウォシュレットを利用する

やること自体は更年期以前とそう変わらないのですが、自浄洗浄機能が衰退してきているので頻度を上げることが重要です。

石鹸やボディソープを弱酸性に

普通に市販されているボディソープなどはアルカリ性になっています。更年期で女性ホルモンが減ると膣内の酸性が弱くなってしまうので、アルカリ性の石鹸で洗うとより酸性が失われてしまいます。

 

デリケートゾーンがアルカリ性だと雑菌が繁殖しやすくなり、においも発生してしまうので石鹸やソープも弱酸性を選びましょう。

 

デリケートゾーン専用で匂いやかゆみを抑えることができる石鹸も発売されています。

更年期にはデリケートゾーントラブルが増える!

 

こういってしまうと萎えてしまうかもしれませんが、誰でも歳を重ねれば悩みも増えます。

  • 黒ずみ
  • におい
  • かゆみ

どれも更年期には強く出やすいですが、正しくケアすることで解決できる物もあります。

 

一朝一夕でとはいきませんが日々の努力で良くなるので、ぜひ自分に合った方法で上手にケアしてあげてください。