デリケートゾーンの黒ずみは自転車が原因だった!?対策方法まとめ

学生に限らず社会人でも、節約のため、運動のために自転車に乗ることが多いですよね。しかし実は自転車はデリケートゾーンの黒ずみを作ってしまう原因にもなりかねません。

 

今回は自転車に乗るとどうして黒ずみができてしまうのかを簡単に解説した後に、デリケートゾーンに黒ずみを作らない自転車の対策法などを紹介していくので、自転車に乗る人でデリケートゾーンの黒ずみが気になっている人はぜひ参考にしてみてください。

どうして自転車に乗るとデリケートゾーンに黒ずみができるの?

 

デリケートゾーンの黒ずみは自転車に乗っても乗らなくてもできてしまいます。・・・ただし、自転車に乗ったほうが黒ずみができるスピードは早くなってしまうと考えられます。

 

そもそもデリケートゾーンの黒ずみは主にパンツの擦れや、カミソリの刺激などが原因です。これだけでわかってしまうかもしれませんが、自転車に乗ることによる「刺激」と「摩擦」がデリケートゾーンの黒ずみを作ってしまうのです。

 

デリケートゾーンの黒ずみは「メラニン」という物質で、このメラニンは刺激や摩擦から肌を守るために生成されます。ですから、普段のパンツの擦れやカミソリの刺激に加えて自転車の摩擦、刺激によって黒ずみが加速されてしまいます。

デリケートゾーンに黒ずみができないように自転車に乗ろう!

 

まず、競技用やスポーツとして自転車に乗っている場合はレーパン(レーシングパンツ)をはきましょう。レーパンはお尻やデリケートゾーンの辺りにパットが入っているのでクッションのようになって自転車の刺激を減らすことができます。

 

もう少し踏み込んでいくなら穴あきサドルもおすすめです。ちょっと見た目がアレですが、デリケートゾーンやお尻の部分に穴があることで摩擦が起きにくいです。

 

でも学生や通勤、ちょっとした買い物に自転車を使う人にとってレーパンや穴あきサドルなんて現実的じゃないですよね。ということでここからはもう少し現実的な「デリケートゾーンに黒ずみを作らせない自転車の乗り方」を紹介していきますね。

立ち漕ぎで頑張る

デリケートゾーンに黒ずみを作らせない方法で最も有効なのは「立ち漕ぎ」です!立ち漕ぎでも摩擦を完全に防ぐことは難しいですが、サドルに触れていないので少なくともサドルの刺激を減らすことはできます。

 

あまり女性らしくなくてちょっと…と思うかもしれませんが、足の筋肉も使うので引き締め効果アップで非常におすすめですよ♪

サドルにクッションになるものを敷く

小さめのハンドタオルや手作りのサドルクッションなどを敷いておくのも有効です。サドルの刺激には「圧力」も含まれるので、サドルとデリケートゾーンの圧力を減らせれば黒ずみの原因を減らすことができます。

黒ずみができやすい場所(摩擦を感じる場所)にワセリンを塗っておく

スカートをはいて自転車に乗る場合、太ももや付け根周辺がサドルと擦れてしまいますよね。この、擦れている部分はそのまま黒ずみになってしまうので、ワセリンを塗っておくと潤滑油になって摩擦を減らすことができます。

 

ワセリンは赤ちゃんでも使える優秀な保湿剤なので、敏感肌の人もOKです。ただし、ワセリンに黒ずみを治す力はないので、あくまで予防のために使います。

最終手段は自転車に乗らない

最終手段となってしまいますが、自転車に乗らないのも1つの手です。これは個人の生活によるので無理にやめる必要はありませんが、デリケートゾーンの黒ずみと自転車はセットのようなものなので、どっちを優先したいかで決めるようにしましょう。

すでに黒ずみができている場合はただちにケアを開始しましょう

 

すでにデリケートゾーンに黒ずみができてしまっている、という場合は急いでケアを始める必要があります。黒ずみがメラニンだという話をしましたが、このメラニンは放っておくとどんどん濃く、治りにくくなってしまうのです。

 

デリケートゾーンの黒ずみを改善するには主に2つの方法があります。

  • 皮膚科で医薬品、またはレーザー治療
  • 自宅で医薬部外品のクリームを塗る

皮膚科で医薬品、またはレーザー治療

これが最も確実な方法です。レーザーは10万円近くかかる、医薬品は副作用もある、などのデメリットもありますが、確実に黒ずみをケアすることができます。

 

自宅で医薬部外品のクリームを塗る

医薬部外品は医薬品に比べれば効果は劣りますが、それでもメラニンに効果のある成分を含んでいるアイテムなので十分信頼することができます。編集部でもいくつかのクリームを試していますが、最もおすすめなのはアットベリーと言うクリームです。

 

アットベリーは黒ずみに有効とされる成分を配合しながら、使いやすさ、コスパ共に編集部満足度NO.1でした。敏感肌用に作られていて全身に使えるので、自転車によってできたデリケートゾーンの黒ずみはもちろん、お尻や太ももまで使うことができます。

 

良い点は様々ありますが、2980円で2ヵ月もち、気軽に試しやすいので黒ずみクリームが初めてだという人にもおすすめですよ♪

 

デリケートゾーンの黒ずみを作らない自転車の乗り方と黒ずみのケアを徹底しよう

 

自転車に乗っていると高確率でデリケートゾーンに黒ずみができてしまいます。便利な反面、女性としては嬉しくない効果を発揮する自転車ですが、努力次第で黒ずみのリスクを減らすことができます。

 

まずは自分に合った黒ずみ防止方法を見つけて、黒ずみを予防しながら上手にケアしていって綺麗なデリケートゾーンを目指しましょう!

 このエントリーをはてなブックマークに追加