ピーチジョンのデリケートゾーン黒ずみをケアするアイテムを徹底解剖!

ピーチジョンと言えば可愛い下着でお馴染みです。そんなピーチジョンにはデリケートゾーンをケアする化粧品が結構多く発売されています。

 

中でもデリケートゾーンの黒ずみケアに〜と記載のある「ピーチジョン デリケートブライトニングセラム」はビタミンC誘導体を配合していたり、オーガニックだったりと、編集部としても気になるところです。

 

今回はそんなピーチジョンのデリケートゾーン黒ずみ用品を徹底的に解剖して、デリケートゾーンの黒ずみに使うのに「適しているか」をハッキリさせていくので、これから買おうと思っていた人はぜひ参考にしてみてください。

ピーチジョンのデリケートゾーンケア用品

 

ピーチジョンのデリケートゾーンケア用品は以下のようなラインナップになっています。

  • デリケートウォッシュ
  • デリケートデオスプレー
  • デリケートソフトスクラブ
  • デリケートブライトニングセラム
  • Yラインソフナー
  • デリケートルプリカント

このうち黒ずみに使えるのはソフトスクラブとブライトニングセラムですが、スクラブは黒ずみというより表面をツルツルにするものなので、今回は除外します。

 

ピーチジョンのデリケートブライトニングセラムってどんなアイテム?

 

ピーチジョンのデリケートブライトニングセラムはビタミンC誘導体をメインに、オーガニック成分を配合したデリケートゾーンの黒ずみケアアイテムです。オーガニックを推しているだけあって非常に安心感があります。

 

また、ビタミンC誘導体にも様々な種類があるのですが、中でも最もおすすめできるアプレシエというビタミンC誘導体を使用しているので、成分内容や品質は非常に良いクリームと言えるでしょう。

 

じゃあデリケートゾーンの黒ずみにはピーチジョンのデリケートブライトニングセラムがイチオシかというとそうではありません。

デリケートゾーンの黒ずみをケアしたいときに必要なこと

 

私たち編集部はデリケートゾーンの黒ずみをケアしたくて様々なアイテムを使用しています。その中で最初に気を付けたかったのが「クリーム」であることです。

 

例えば顔用の美容液のように液体だとデリケートゾーンに塗りにくく、垂れてしまって使いづらいためです。そこでピーチジョンのデリケートブライトニングセラムはどうなのかというと「乳液状」です。次に紹介する成分でもわかるように、水が多めなのでテクスチャは柔らかめになってしまっています。

成分配合量が少し安っぽい

成分自体は良いものが多いです。ただ、全成分を見ると最初に「水」が来てしまっています。

水、ダマスクバラ花水、グリセリン、スクワラン、BG、ホホバ種子油、1.2-ヘキサンジオール、PEG/PPG/ポリブチレングリコール-8/5/3グリセリン、ラウリン酸スクロース、アボカド油、アルガニアスピノサ核油、コメ胚芽油、キサンタンガム、ラウレス-7、レシチン、ステアリン酸グリセリル(SE)、パルミチン酸アスコルビルリン酸3Na、サクラ葉エキス、ウワウルシ葉エキス、アロエベラエキス、クズ根エキス、クロレラエキス、カーネーション花エキス、香料、ダマスクバラ花油、モモ果実エキス、コメ発酵液

 

出典:デリケートブライトニングセラム|≪公式≫下着通販 PEACH JOHN(ピーチ・ジョン)WEBストア


この成分表記は配合量の多いものから書くように決まっていますから、中身は水が一番多いということです。

 

例えばこれが、編集部でイチオシしているアットベリーだとこうなります。

有効成分:グリチルリチン酸2K、水溶性プラセンタエキス

 

その他の成分:トレハロース、アラントイン、天然ビタミンE、天草フラボノイド、ステアロイルフィトスフィンゴシン、加水分解エラスチン液、水溶性コラーゲン液-4、加水分解コラーゲン末、ヒアルロン酸Na-2、加水分解ヒアルロン酸、人参エキス、トウキエキス-1、エイジツエキス、ワレモコウエキス、桑エキス、シャクヤクエキス、アロエエキス-1、クララエキス-1、カルボキシビニルポリマー、水酸化K、BG、フェノキシエタノール、1,2-ペンタンジオール、トリメチルグリシン、濃グリセリン、キサンタンガム、ステアリン酸POE(20)ソルビタン、エチルヘキサン酸セチル、精製水、香料

医薬部外品の記載がない

さらに追い打ちをかけるようですが、ピーチジョンのデリケートブライトニングセラムは医薬部外品の記載がありません。ということは化粧品に分類されるのですが、黒ずみをケアしようと思ったら医薬部外品を選ぶことは非常に重要です。

 

デリケートゾーンの黒ずみは「メラニン」という物質なのですが、このメラニンに有効とされる成分を配合して厚生労働省の認可を受けることで医薬部外品になることができます。

 

私たちが試したクリームはどれも医薬部外品なので、医薬部外品でないアイテムを選ぶことはありません。

以上の内容から、黒ずみケアのためだけにはおすすめできない

 

デリケートゾーンの黒ずみを本気でケアしたい人にピーチジョンのデリケートブライトニングセラムはあまり向いていないと判断します。しかし、下記のような人なら合うかもしれません。

  • 黒ずみはそこまで気になっていない
  • 可愛い容器が良い
  • ピーチジョンがとにかく好き
  • ローズの香りが好き
  • オーガニックなものをデリケートゾーンに塗りたい

もし、黒ずみを本気でケアしたいのであれば、編集部で使ってオススメしている記事があるのでそちらを参考にしてみてください。

 

ピーチジョンのデリケートゾーン黒ずみ用品はいくら?

 

値段は100mlで税抜3800円です。コスパだけで考えればかなり安い方と言えますが、医薬部外品でないとしたら少し高めの化粧品でしょうか。

 

ちなみに公式サイトでは取り扱いが無くなっているので、amazonや楽天で探してみると良いでしょう。面倒でなければ公式のWEBショップにはおいてあります(なぜ公式サイトに無くて公式のショップサイトにあるのかは不明)

デリケートゾーンの黒ずみをケアするアイテムは慎重に選ぼう

 

ピーチジョンのデリケートブライトニングセラムはデリケートゾーンに使うのに、低刺激だったりオーガニックだったりするのは非常に高評価です。しかし、黒ずみがケアできるかというとまた別のお話。

 

デリケートゾーンへの優しさを考慮してピーチジョンに辿り着いた人は、考え方は合っているので、あとはどの成分が黒ずみ(メラニン)に有効なのかを理解して選ぶようにしましょう!

 このエントリーをはてなブックマークに追加