デリケートゾーンの黒ずみに使いたいビタミンCの効果を解説!

デリケートゾーンの黒ずみには、黒ずみの原因であるメラニンに有効とされる成分「ビタミンC」がおすすめです。顔のシミなどをケアする美容液にもビタミンCは使用されるので、非常に説得力がありますよね。

 

今回はデリケートゾーンの黒ずみにビタミンCがおすすめな理由や、どういうふうに作用していくのか、いくつかある注意点などを詳しく、でもわかりやすく解説していくので、デリケートゾーンの黒ずみにビタミンCを使用したい人はぜひ参考にしてみてください。

ビタミンCは黒ずみの原因である「メラニン」に有効

 

ビタミンCは顔のシミ用美容液にも多く使われています。この顔のシミの原因は「メラニン」という物質で、デリケートゾーンの黒ずみも同じ「メラニン」が原因なので、もちろん使用することができます。

 

「有効」というのは厚生労働省が認めた成分という意味なので、説得力も十分と言えるでしょう。少し具体的に解説していきます。

 

メラニンが作られるときにはチロシナーゼと言う酵素が働きますが、ビタミンCはこのチロシナーゼ酵素を阻害するのでメラニンを作らせないようにすることができます。さらにすでに作られてしまったメラニンを還元して色を薄くする効果も期待できます。

  • 黒ずみの原因となるメラニンを作らせない
  • 黒ずみの原因であるメラニンを還元して目立たなくする

ビタミンCはこの2つの作用があるので、黒ずみには非常に有効な成分として有名になっているのです。

デリケートゾーンの黒ずみにビタミンCを使用する時の注意点

 

デリケートゾーンの黒ずみにも使用できることがお分かりいただけたと思いますが、いくつかの注意点があります。こちらも合わせて確認しておきましょう。

ビタミンCは壊れやすいのでビタミンC誘導体を選ぶ

ビタミンCは非常に壊れやすく、そのままでは肌に浸透する前に壊れてしまいます。そうなれば当然メラニンへの効果もありません。そこで開発されたのが「ビタミンC誘導体」という成分です。

 

ビタミンC誘導体はビタミンCを壊れにくく改良し、さらに肌に浸透した後にビタミンCに変わる優秀な成分です。デリケートゾーンに塗る場合はビタミンCではなく、ビタミンC誘導体を選ぶようにしましょう。

ビタミンC誘導体は濃度が濃いと刺激が強くなる

ビタミンC誘導体は濃度が濃くなると刺激が強くなります。加えて皮脂分泌をコントロールする働きもあるので、乾燥しやすくなってしまいます。

 

今回使うのはデリケートゾーンで、顔や他の部位に比べて敏感な部分です。ビタミンC誘導体がいくら黒ずみに効果的だからと言ってデリケートゾーン用に作られていない化粧品を使うのはリスクがあるので、きちんとデリケートゾーン用に作られている物を選びましょう。

ビタミンC誘導体にも実は種類がある

化粧品の裏面には成分が表記してありますが、ビタミンC誘導体とは書かれていません。

  • リン酸アスコルビルMgマグネシウム
  • リン酸アスコルビン酸ナトリウム
  • テトラヘキシルデカン酸アスコルビル
  • アスコルビン酸-2リン酸-6パルミチン酸←おすすめ

これらはどれもビタミンC誘導体です。さすがに難しくなってしまうので割愛しますが、それぞれで効果も少しずつ違います(そこまでこだわる必要はありませんのでご安心ください)。この中なら「APPS」であるアスコルビン酸-2リン酸-6パルミチン酸が最もおすすめです。

 

参考:【医師監修】最強のビタミンC誘導体!APPSとは? | スキンケア大学

ビタミンC誘導体を含むデリケートゾーン用クリームは少ない

 

ここまで書いておいて難ですが、デリケートゾーン用のクリームにビタミンC誘導体を配合しているものはまだまだ少ないです。理由は定かではないですが、やはり刺激が強すぎるからでしょうか?

 

現状で編集部が使っているクリームの中では「ハーバルラビット」のみにビタミンC誘導体が配合されています。

 

ただ、黒ずみの原因であるメラニンに有効とされている成分はビタミンC誘導体だけではありません。

デリケートゾーンの黒ずみにおすすめの成分!

 

デリケートゾーンの黒ずみにおすすめな成分はいくつもありますが、中でもおすすめは以下の2つです。

  • 水溶性プラセンタ
  • トラネキサム酸

 

これらもビタミンC誘導体と同じく厚生労働省から認可されている成分なので説得力は十分です。こうなると編集部でも使っているアットベリーやイビサクリームも視野に入れることができます。

 

今回はビタミンC誘導体が気になっているでしょうから、トラネキサム酸のイビサクリームより、水溶性プラセンタのアットベリーの方がおすすめかもしれません。

アットベリーはどんなクリーム?

 

アットベリーは水溶性プラセンタとグリチルリチン酸2Kを有効成分とする医薬部外品の黒ずみクリームです。有効成分の他に様々な成分が配合されていますが、中でも注目したいのが「甘草フラボノイド」です。

 

甘草フラボノイドにはメラニンに関係する「チロシナーゼ酵素」を抑える効果が期待できますが、その効果はなんとビタミンCの約270倍と言われています。

 

ビタミンC誘導体は配合されていませんが、似たような役割をしてくれる成分配合なので、きっと満足できる使い心地かと思います。黒ずみと同時に匂いのケアもしてくれるので、朝晩塗るだけで簡単にデリケートゾーンをケアすることができますよ♪

 

デリケートゾーンの黒ずみにビタミンCは大いにアリ!

 

少し難しく感じてしまった人もいるかもしれませんが、ビタミンC誘導体とデリケートゾーンの黒ずみの関係はお分かりいただけたでしょうか。

 

もし、デリケートゾーンの黒ずみにビタミンCを使うなら以下の点だけは押さえておいてください。

  • ビタミンC誘導体を選ぶ
  • デリケートゾーンに使って良いアイテムを選ぶ

この2つさえしっかり理解しておけば肌トラブルも起きにくいと思うので、ぜひ参考にしながら自分にぴったりのデリケートゾーンケアアイテムを見つけていってくださいね。

 このエントリーをはてなブックマークに追加