デリケートゾーンの黒ずみはワセリンでケアできる?やり方や効果!

ワセリンは赤ちゃんでも使えるほどの安全性が最大の特徴です。乾燥肌やひび割れ、傷の保湿などに使われますが、デリケートゾーンの黒ずみにも使えるのでしょうか?

 

結論から言うと「デリケートゾーンには使える」けど「黒ずみには効果がない」となります。

 

今回はなぜデリケートゾーンの黒ずみには効果がないのかということと、どういう意味でワセリンを使っていけば良いのか、黒ずみをケアするにはどうすれば良いのかを解説していくので、ぜひ参考にしてみてください。

ワセリンは非常に安全性が高く、乾燥を防ぐ効果も高い

 

ワセリンは赤ちゃんでも使えるほど安全性が高いので、デリケートゾーンにも使うことができます。ワセリンの場合は肌の上に膜を張ってくれるので乾燥を防ぐ効果が期待できます。

 

ただ、これしかありません。ただただ、肌の上に膜を張るだけなのです。肌に浸透していって何らかの効果を表す、なんていうこともありません。

 

これが冒頭で言った「デリケートゾーンには使える」けど「黒ずみには効果がない」の理由です。

黒ずみ予防には保湿が大切と言いますが…

確かに、デリケートゾーンの黒ずみを予防するには保湿が大切です。しかし、デリケートゾーンに保湿が必要なのは、

  • ターンオーバーをサポートするため
  • 肌バリアを強くして刺激に強くするため

この2点なので、肌の上に膜が欲しいのではなく、肌本来の保湿機能を高める保湿が必要になります。これはセラミドやコラーゲン、ヒアルロン酸のことで、ワセリンの膜ではないのです。

ワセリンをデリケートゾーンに使うとしたら摩擦予防

デリケートゾーンの黒ずみは主にパンツの擦れなどが原因でできてしまいます。ですから、パンツとの摩擦を減らす意味で潤滑油のように塗っておけば多少なりとも黒ずみ予防にはなるでしょう。

ちなみにニベアも同じような物

ニベアの青缶はワセリンの他にミネラルオイルが配合されていますが、基本的には肌の上に膜を張るだけです。それはそれで正しく使えば便利なのですが、やはり黒ずみに対しては効果がありません。

 

デリケートゾーンの黒ずみをケアするなら有効成分を届ける

 

デリケートゾーンの黒ずみはパンツの擦れやカミソリの負担などによる「メラニン」が原因です。そして、メラニンに有効とされる成分は既にいくつか認定されています。

  • トラネキサム酸
  • 水溶性プラセンタ
  • アルブチン
  • ビタミンC誘導体
  • ハイドロキノン

このうち、デリケートゾーンに使うなら安全性の高い「トラネキサム酸」か「水溶性プラセンタ」を選ぶと良いでしょう。

 

デリケートゾーンにワセリンは使えるけど黒ずみには効果がない!

 

少し短めの記事となってしまいましたが、ワセリンは黒ずみには効果がないことはお分かりいただけたでしょうか。

 

黒ずみに使えないと言ってもワセリンは非常に便利なアイテムです。少しべたつきますが、ささくれや唇のケアにも使えます。

 

安いですし、1つ持っておいても良いでしょう。また、どうしても自分で試してみたい場合はデリケートゾーンに使ってみても構いません。ただ、効果がないことは間違いないので、あまり期待せずに使ってみましょう。

 このエントリーをはてなブックマークに追加