【便利】デリケートゾーンの黒ずみと匂いを同時に解決しよう!

デリケートゾーンの悩みと言えば黒ずみと匂いが多いかと思います。これがどっちも同時にケアできるとしたらコスパも良くて手間もかからなくて便利ですよね。

 

今回はまず黒ずみと匂いのケア方法をそれぞれ紹介した後に、同時にケアする方法も紹介していくので、ぜひ参考にしながらデリケートゾーンの黒ずみと匂いを上手にケアしていってください。

デリケートゾーンの匂いをケアする方法

 

デリケートゾーンの匂いは通常、デリケートゾーン用の石鹸やソープでケアしていきます。本来、デリケートゾーンには「自浄機能」といって自分を清潔に保つ機能(良い菌)があるので、何もしなくても匂いは発生しないはずです。

 

しかし、カラダ用のボディソープなど洗浄力の強いソープで洗うことによって良い菌が流され、自分を綺麗に保つことができなくなって匂いが出てしまうのです。

 

これを改善するためには洗浄力の穏やかなデリケートゾーン用の石鹸を使うか、匂いを抑える効果が期待できる成分をもつクリームでケアしていくことが重要です。

デリケートゾーンの黒ずみをケアする方法

 

デリケートゾーンの黒ずみは「メラニン」という物質が原因です。垢などではないので、石鹸でゴシゴシ洗っても落ちません。デリケートゾーンの黒ずみをケアするためには黒ずみ(メラニン)に効果的な成分を持ったクリームなどを塗る必要があります。

 

顔にできるシミとデリケートゾーンにできる黒ずみは同じ「メラニン」なので、顔用の美容液も選択肢としてはありですが、刺激が強いのと美容液だと液だれして塗りにくいので、デリケートゾーン用の黒ずみクリームを選ぶと良いでしょう。

デリケートゾーンの黒ずみと匂いを同時にケアする方法は2つ

 

  • デリケートゾーン用の石鹸とデリケートゾーン用黒ずみクリームを併用する
  • 匂いと黒ずみをケアできるデリケートゾーン用のクリームを使用する

ちなみに匂いと黒ずみをケアする石鹸というのはあまり期待できません。石鹸の泡でパックできれば良いですが、すぐに洗い流すことが多いと思うので、1日中塗ったままにしておけるクリームの方が効果を実感しやすいためです。

匂いと黒ずみを1つのクリームでケアするならアットベリー

 

アットベリーは敏感肌用に作られた黒ずみクリームです。成分の中に黒ずみをケアするプラセンタエキス、匂いをケアする桑エキスを配合しているハイブリットなので、1つで匂いと黒ずみを同時にケアすることができます。

 

使い方もお風呂上りに水気を拭いて塗るだけなので非常に簡単です。編集部でも使っていますが、アットベリー自体が嫌味のないローズ系の香りなのでデリケートゾーンはもちろん、肘や膝にも使えてとても便利です。

 

編集部が買った時は4800円だったのですが、その後2980円に値下げされたので、より買いやすくなっています。黒ずみクリームが初めてだという人や匂いと黒ずみを同時にケアしたい人には持って来いのクリームと言えるでしょう。

 

できれば石鹸もデリケートゾーン用のものに

 

アットベリーで匂いのケアができると言っても、やはりボディソープは見直した方が良いです。シャンプーと同じくアミノ酸系の洗浄成分を使っていて、弱酸性ならデリケートゾーンにも優しいので、ドラッグストアなどで見てみてくださいね。

 

また、匂いがきつすぎる場合は何かの病気も考えられます。もし、一夜限りの行為などが最近あった場合には性病も考えられるので、いつも以上にデリケートゾーンが匂う場合は病院に相談したほうが良いかもしれません。

デリケートゾーンの黒ずみと匂いは諦めないことが肝心!

 

何をしてもデリケートゾーンの黒ずみも匂いも解決できない…そういった声は多く聞かれます。しかし、本当に「何をしても」でしょうか?口コミで何をしても治らないと言っている場合は、石鹸で洗っただけ、市販の黒ずみクリームを数日塗っただけということも多いです。

 

石鹸にも黒ずみクリームにも、それぞれ役割があります。料理だって、シチューの素を入れてカレーを作ることはできません。それと同じように、自分の悩みに合わせて正しい方法をしっかり継続していくことが大切なのです。

 

デリケートゾーンの黒ずみと匂いをケアする場合は、

  • デリケートゾーン用の石鹸とデリケートゾーン用黒ずみクリームを併用する
  • 匂いと黒ずみをケアできるデリケートゾーン用のクリームを使用する

この2つのうち自分に合いそうなものを選んで、しっかりとケアしてあげてくださいね。

 このエントリーをはてなブックマークに追加