ニベアでデリケートゾーンの黒ずみをケアする方法!効果は?

SNSなどで何かと話題になっているニベアですが、デリケートゾーンの黒ずみにも使えると言われています。口コミとは恐ろしいもので、そう言われればそんな気がしてしまうんですよね。

 

でもちょっと待ってください。ニベアのどんな成分がどう黒ずみに効くのか考えたことはありますか?

 

今回はそんな話題の「ニベアの青缶」について、成分などを解析してデリケートゾーンの黒ずみケアに使えるのかどうかを少し専門的に、でもわかりやすく解説していくので、ぜひ参考にしてみてください。

ニベアの青缶は某有名商品に似ていることで様々な噂が生まれた

 

 

ニベアの青缶は高級クリームの「ドゥ・ラ・メール」と成分が似ていることで注目を集めています。ニベアの青缶は500円程度なのに対し、ドゥ・ラ・メールは18000円くらいしますから、成分が似ているのであればニベアのすごさが目立ちますよね。

 

ニベアとドゥ・ラ・メールは確かにほとんどの成分が似ていますが、ドゥ・ラ・メールにしかない成分も配合されているので、純粋に比べてしまえば全くの別物です。

ここ大切!ニベアもドゥ・ラ・メールはそもそも黒ずみ用クリームではない

ニベアとドゥ・ラ・メールが似ていることで注目を集めるのは自然な流れです。今回はそれは良いとして、デリケートゾーンの黒ずみに効くのかというお話ですよね。

 

結論から言うと、デリケートゾーンの黒ずみをケアする力はドゥ・ラ・メールにもニベアにもありません。

 

ニベアもドゥ・ラ・メールも保湿に優れたクリームなので、デリケートゾーンの乾燥対策には良いかもしれませんが、黒ずみをケアするなら少し役不足と言えるでしょう。

デリケートゾーンの黒ずみをケアするなら医薬部外品

 

ニベアは肌の表面に膜を張って肌の乾燥を防ぎます。これはワセリンやリップクリームと同じです。デリケートゾーンの黒ずみは顔のシミと同じ「メラニン」が原因なので、メラニンに効果的な成分を持ったものを選ぶ必要があるのです。

  • 水溶性プラセンタ
  • トラネキサム酸
  • ビタミンC誘導体
  • アルブチン

この辺りが入っている医薬部外品だとメラニン黒ずみをケアするのに最適です。

 

ドゥ・ラ・メールとニベアの成分を見てみると、保湿成分ばかりなことがわかるかと思います。

ドゥ・ラ・メールの成分

 

水、ミネラルオイル、褐藻エキス、ワセリン、水添ポリイソブテン、マイクロクリスタリンワックス、ラノリンアルコール、ライム果汁、パラフィン、エタノール、硫酸Mg、オレイン酸デシル、ジステアリン酸Al、オクチルドデカノール、香料、クエン酸、ステアリン酸Mg、パンテノール、安息香酸Na、水添野菜油、シアノコバラミン、カロチン

 

出典:ドゥ・ラ・メール公式

ニベアの成分

 

水、ミネラルオイル、ワセリン、グリセリン、水添ポリイソブテン、シクロメチコン、マイクロクリスタリンワックス、ラノリンアルコール、パラフィン、スクワラン、ホホバ油、オレイン酸デシル、オクチルドデカノール、ジステアリン酸Al、ステアリン酸Mg、硫酸Mg、クエン酸、安息香酸Na、香料

 

出典:ニベア公式


デリケートゾーンの黒ずみを本気でケアしていきたいと思ったら「メラニン」をケアする医薬部外品と書いてあるものを選ぶことが大切です。

ニベアがデリケートゾーンに全く使えないわけではない

 

ニベアは「黒ずみ」には効果がありませんが、保湿できる効果はあります。表面に膜を張って乾燥しないようにしてくれる役割があるので、黒ずみの原因となる摩擦を減らす効果も期待できます。つまり、今ある黒ずみには効果がないけど黒ずみ予防としては使えるということになります。

 

デリケートゾーンと言うとVIOと様々ありますが、粘膜(膣)につくと良くないのでIラインやOラインに使用する際は注意してくださいね。

デリケートゾーンの黒ずみを本気でケアするなら口コミだけに頼らない

 

ニベアはコスパも良くてべたつかず、非常に使いやすいクリームです。もちろん乾燥対策にはめちゃくちゃおすすめしたいクリームではありますが、間違った使い方をして「効果がない」と言ってほしくありません。

 

デリケートゾーンの黒ずみをケアしようと思ったら口コミだけに頼らず、成分をしっかり見て効果がありそうなクリームを選ぶことが大切です。

 

デリケートゾーンの黒ずみはきちんとケアすれば改善することが可能ですから、ぜひ諦めずに自分に合った方法でしっかりとケアしていきましょう!

 このエントリーをはてなブックマークに追加