オロナインでデリケートゾーンの黒ずみを解消するには?やり方や効果を解説

デリケートゾーン,黒ずみ,オロナイン

 

オロナインでの黒ずみケア、一時期有名になりましたよね。オロナインパックとか、水溶きオロナインとかが有名なところですが、はたしてデリケートゾーンの黒ずみにも使えるのでしょうか?

 

今回はオロナインを使うことで本当にデリケートゾーンの黒ずみが解消されるのか、やっても良いのかなどを解説していきます。

オロナインの成分と効果・効能

 

有効成分:クロルヘキシジングルコン酸塩液(20%)

 

添加物:ラウロマクロゴール、ポリソルベート80、硫酸Al/K、マクロゴール、グリセリン、オリブ油、ステアリルアルコール、サラシミツロウ、ワセリン、自己乳化型ステアリン酸グリセリル、香料、精製水

 

効果効能:にきび、吹出物、はたけ、やけど(かるいもの)、ひび、しもやけ、あかぎれ、きず、水虫(じゅくじゅくしていないもの)、たむし、いんきん、しらくも

 

参考:http://www.otsuka.co.jp/ohn/

みんなのオロナインの使い方は?

 

  • オロナインで毛穴の黒ずみパック
  • オロナインでニキビケア
  • 軽いやけど(日焼け)のケア
  • 化粧水として「オロナイン水」
  • ワキガ対策
  • 足のニオイ対策
  • 痔のケア
  • 巻き爪の炎症を抑える
  • メイク落とし
  • へそゴマの掃除
  • かかとのガサガサケア
  • くつ擦れ対策

なるほど、確かに様々な噂があって、たくさんの使い方ができるようですね。そして本題のデリケートゾーンの黒ずみケアがオロナインでできるかというお話ですが、「できません!」というのが答えになります。

デリケートゾーンの黒ずみがオロナインで解決できるは「勘違い」

 

どういうことかというと、前項で「オロナインで毛穴の黒ずみパック」という使い方が出てきましたが、これをデリケートゾーンに置き換えてしまったために勘違いが起きてしまっているのです。

 

毛穴の黒ずみというのは「汚れ」や「皮脂」が「毛穴」に詰まって「酸化」することによって黒ずんでいます。

 

対してデリケートゾーンは「メラニン」という物質が「肌の内側」にできてしまって黒ずんでいます。

 

どちらも「黒ずみ」という言葉で表されるために勘違いが起こってしまっていますが、実は違う種類の黒ずみなんです。

 

もしデリケートゾーンの毛穴に汚れが詰まっている場合はオロナインパックで黒ずみは解消されますが、ほとんどは「メラニン」なので、オロナインは効果を示しません。もちろん信じられない場合は試してみるのも良いかもしれませんが、1つだけ注意してほしい点があります。

有効成分のクロルヘキシジングルコン酸塩液は粘膜につけないほうが良い

クロルヘキシジングルコンというのは口腔以外の粘膜には使用しないように、という決まりがあります。オロナインの注意事項にも「目に入った場合はすぐに洗い流してください」と書いてあり、「デリケートゾーンに」とは書いてありませんが皮膚以外に使うのは少し恐ろしいです。

 

デリケートゾーンと言っても下腹部の脱毛跡の黒ずみなら良いですが、陰部の横辺りだと膣(粘膜)についてしまう恐れがあるので、やるのであれば注意しておこなってみてくださいね。

以上のことからオロナインがデリケートゾーンの黒ずみに効果的とは言えません

 

  • オロナインが使えるのは毛穴の詰まりによる黒ずみ
  • クロルヘキシジングルコンは粘膜に使用しないほうが良い

この2点だけでもオロナインを使わないほうが良いという理由には十分かと思います。やっぱりデリケートゾーンと言うのは名前の通りデリケートなので、肌に優しく、低刺激のクリームやジェルを使っていくのが良いでしょう。

デリケートゾーンにはデリケートゾーン用のクリームを?

もし本気でデリケートゾーンの黒ずみを改善するのであれば「メラニン」に効果的な方法で治していくのが良いです。それは「メラニンを抑える成分」や「ターンオーバーを促進する成分」などを含んだクリームです。

 

オロナインと比べれば値段は高くなってしまいますが、それでもデリケートゾーンの黒ずみのために考えて作られたクリームはやはり黒ずみへの力や、安全性が全然違うんですね。当サイトでもいくつか紹介しているので、良かったら参考にしながら最適なクリームを見つけてくださいね。

 

 

 このエントリーをはてなブックマークに追加