デリケートゾーンの黒ずみを予防する方法は?原因ごとの予防法!

デリケートゾーン,黒ずみ,予防

 

デリケートゾーンの黒ずみの原因は人によりますが、主に以下のようなものが当てはまります。

  • 下着やビキニなどの擦れ
  • ナイロンタオルでゴシゴシ洗っている
  • カミソリや毛抜きによる毛の処理
  • 脱毛による刺激

これを繰り返すことによってデリケートゾーンは黒ずみを増してしまうので、これらをやめることでまずは黒ずみを予防していきましょう。

原因を特定して予防していく

 

先ほど挙げた黒ずみの原因を特定して、それらを改善していくことで予防につながるのでそれぞれで大切なことを解説していきます。

 

改善やケアの前に黒ずみを予防することが絶対的に重要なので、まずは予防を徹底してみてくださいね!

 

下着やビキニなどの擦れ

 

下着やビキニが擦れているとメラニンができてしまい、黒ずみになっていきます。ここで重要なのはなるべく摩擦を少なくすることです。ビキニはいつもはいているわけではないので良いとして、工夫すべき点としては下着の方ですね。

 

いつもはいている下着はナイロンやポリエステルと言った化学繊維のものが多いかと思いますが、刺激を少なくするのであれば「綿」の下着をはくようにすると良いでしょう。

 

ただ、綿の下着はどうしても見た目に良くないですから、彼氏に見られたくないという場合は「黒ずみ改善用」と割り切って使用するのがおすすめです。彼に会うときは可愛い下着をはくように使い分ければ問題ありませんよ。

 

ナイロンタオルでゴシゴシ洗っている

 

デリケートゾーンの洗い方も重要です。ナイロンタオルでゴシゴシ洗うのは刺激になって黒ずみが増していくので、なるべく控えましょう。匂いの問題などで強く洗いたくなる気持ちもわかりますが、基本的に強く洗っても弱く洗っても匂いは同じです。

 

もし匂いが気になる場合は石鹸の成分を見直されると良いでしょう。話が少しそれてしまいましたが、石鹸を見直した後はナイロンタオルを控えてみてください。

 

デリケートゾーンを洗うときは洗顔並みにフワフワの泡を立てて、その泡で優しく洗うようにします。なるべく刺激を与えないことが黒ずみを作らせないために重要なので、ここは徹底していきましょう。

 

カミソリや毛抜きによる毛の処理

 

デリケートゾーンの中でも、毛の処理跡が黒ずみになっている場合はここを見直す必要があります。ムダ毛の処理をするときはカミソリや毛抜きでおこなっていませんか?

 

実はこれはかなりの刺激になってしまっているので、自ら黒ずみを作ってしまっているようなものなんです。カミソリを使っていればカミソリの通った場所が黒くなり、毛抜きをしていると毛穴が黒ずんできます。

 

これが何よりも刺激の強さを物語っているので、何も考え無しにカミソリや毛抜きをおこなうのはやめましょう。例えばカミソリならシェービング用のジェルを使ったり、保湿を徹底するなどの工夫が必要です。毛抜きに関してはやめた方が無難です。

 

ただ、カミソリも毛抜きもおこなわない方法として「シェーバー」があります。特にデリケートゾーン用のシェーバーは売っていないことが多いですが、脇用のシェーバーや男性の髭剃り用のシェーバーで良いです。

 

シェーバーだと皮膚に触れずに毛を切ることができるので、肌への刺激にならず、安心して毛の処理をすることができます。

 

脱毛による刺激

 

脱毛も刺激の強さで言えばかなり上位に来ます。レーザーなどによる脱毛は皮膚が一時的に炎症を起こしている状態なので、ここでしっかりしたケアをしておかないと黒ずみになってしまうことがあります。

 

このことはしっかりした脱毛サロンなら教えてくれますが、あまり親切でないサロンでは教えてくれません。大手なら大丈夫だと思いますが、信頼できるサロンを選ぶことが大切です。

 

脱毛後に、脱毛後のケアについて説明がなかった場合は自分でケアしていく必要がありますが、その時のクリーム選びも重要になってくるのでしっかりした物を選ぶようにしましょう。おすすめはミュゼでも使われているアットベリーです。

 

デリケートゾーンの黒ずみをしっかり予防しましょう!

 

デリケートゾーンが黒ずむ原因は人それぞれなので、予防法も人それぞれですがほとんどは今回紹介した内容でカバーできます。

 

中には脱毛なんてしたことないけど黒ずんでいる、毛の処理もしたことないけど黒ずんでいるということもあるかもしれませんが、多くの人に共通しているのが「刺激」です。

 

下着や洗い方は誰も教えてくれないことなので、子供のころからの習慣となっているはずです。日々の習慣を改善するのは少し大変かもしれませんが、それを続けていくことで黒ずみの改善につながっていくので、ぜひ長く続けてみてくださいね。

 このエントリーをはてなブックマークに追加