デリケートゾーンがかぶれてかゆい!絶対に掻いてはダメ!

デリケートゾーンがかぶれてかゆい!絶対に掻いてはダメ!

デリケートゾーンのかゆみには様々な種類がありますが、中でも「かぶれ」によってかゆいことは多いです。でもかぶれによるかゆみってどうすれば良いかわかりにくいですよね。

 

そこで今回は「かぶれ」によるデリケートゾーンのかゆみの対処法と予防法を紹介していくので、ぜひ参考にしてみてください。

まずはかぶれた原因を特定する

 

かぶれというのは別の言葉で「接触皮膚炎」と言います。つまり、かぶれるからには何かが「接触している」と考えることができます。

 

デリケートゾーンの場合考えられるのは2つ。

  • 下着
  • ナプキン、オリモノシート

例えばナイロン製の下着の場合、ナイロンを作る時に使われる鉱物油でかぶれている可能性があります。ナプキンやオリモノシートであれば通気性の問題や、経血・オリモノでかぶれている可能性もあります。

原因を排除すれば自然治癒できる

 

上記したかぶれかゆみの原因を排除することができればかゆみは自然に収まります。ですから、

  • 下着を綿にしてみる
  • ナプキンは通気性の良いものやオーガニックコットンにしてみる
  • オリモノシートも通気性が良く肌に優しいものにする

こういった点を工夫してみれば数日から1週間くらいでおさまります。また、1度かぶれた人は次もかぶれる可能性があるので、なるべく上記を継続していくと良いでしょう。

かぶれによるかゆみを抑える方法は?

 

かぶれによるかゆみは結構強いので掻きたくなる気持ちもわかります。しかし、デリケートゾーンを掻くことで皮膚が厚くなり、黒ずみを作ってしまうので絶対に掻いてはいけません。

 

また、掻くことによって肌が破壊され、さらにかゆみを増していきます。病院に行ってかゆみ止めをもらうのが最適ですが、恥ずかしい場合や自分で何とかしたい場合はフェミニーナ軟膏を塗っておくと良いでしょう。

 

フェミニーナ軟膏は局所麻酔成分が入っているので素早くかゆみを抑えることができます。どこの薬局でも置いているのでおすすめですよ。

 

もし夜中など薬局に行けない場合は冷やすことでもかゆみを和らげることができます。

かぶれは掻かずに原因を排除する

 

  • 下着
  • ナプキン、オリモノシート

この2つを見直してみてください。綿の下着はあまり可愛いものがないので少し萎えますが、かぶれを防ぐためには仕方ないですね…。

 

また、かぶれだと持っていても実は感染症だったということもあるのでなかなかかゆみがおさまらない場合は病院に行ってみるようにしましょう。