米ぬかで肘や膝の黒ずみが綺麗にできる!

米ぬかの写真
更新日:2018/08/27

 

いろいろな美容商品に配合されていることもある「米ぬか(コメヌカエキス)」ですが、米ぬかをそのまま使って肘や膝の黒ずみをケアすることができるんです!

 

この記事では米ぬかに配合されている成分がどのように肘や膝の黒ずみに良いのかを簡単に解説したあと、米ぬかを使った肘や膝の黒ずみケア方法を紹介していくので、ぜひ参考にしてみてください。

肘や膝の黒ずみに良い米ぬかの成分とは?

女性のイラスト

 

米ぬかで注目すべきは、

  • 米ぬかセラミド
  • ビタミンB群
  • オリザブラン
  • ビタミンE

の4つです。

 

セラミドというのは人間の肌にも存在していて肌の潤いを保つのに必須な成分です。米ぬかセラミドはこのセラミドと同様の働きをしてくれるのでとても優秀な成分となっています。

 

ビタミンB群は、美容にもってこいな成分で、抗炎症作用、ニキビ予防作用などがあります。

 

オリザブランというのも肌の乾燥を防いでくれるものです。保湿成分として有名ですね。

 

ビタミンEはメラニンを抑制してくれるので黒ずみ解消には欠かせない成分です。

 

肘や膝の黒ずみはメラニンという色素が集まってできています。

 

米ぬかで肘や膝の黒ずみ解消はあり!

女性のイラスト

 

成分から見ると、米ぬかで黒ずみ解消はアリです。

 

肘や膝の黒ずみをケアするのに「メラニンに作用する力」と「保湿」は欠かせません。

 

次に米ぬかを使った肘や膝の黒ずみケア方法を解説していきます。

 

米ぬかケアのやり方

 

米ぬかパック

 

材料

  • 米ぬか大さじ2
  • 小麦粉大さじ1
  • ぬるま湯大さじ1〜2

やり方

  1. 上記の材料を混ぜて20分くらい寝かせます。
  2. お風呂上がりの肘や膝に塗って10分くらいおきます。
  3. ぬるま湯で洗い流します。

 

ぬか袋

 

材料

  • ハンカチやガーゼ
  • 米ぬか 大さじ3〜4杯

やり方

  1. 布の真ん中に米ぬかを入れます。
  2. 米ぬかがこぼれないようにまとめて紐で縛ります。
  3. ぬか袋にお湯を含ませ、肘や膝に押し当てます。

 

浴槽の中でモミモミすれば米ぬか風呂にもなっちゃいます。

 

米ぬかで肘や膝の黒ずみをケアするコツなど

 

米ぬかで肘や膝の黒ずみをケアするには「米ぬかの成分を肘や膝に与える」ことが大切になってきます。

 

例えばピーリングやスクラブだと刺激が逆効果になってよけいに黒ずむことがありますが、米ぬかの場合は刺激がないので毎日やってOKです。

 

米ぬかの注意点と豆知識

女性のイラスト

 

ただ1つ注意が必要なのは、米ぬかは比較的アレルギーを起こしやすい点です。花粉症の人なんかはちょっと注意が必要なので必ずパッチテストをおこなってください。

 

それから米ぬかを買う時の豆知識ですが、実は米ぬかと一言で言っても種類があるんです。

 

赤ぬか・中ぬか・白ぬかという3種類があり、美容にもってこいなのは白ぬかです。この白ぬかは他のぬかに比べて成分が豊富なんですね。

 

もし近くにお米屋さんがあったら「白ぬかありますか?」と尋ねてみるのも良いでしょう。

 

それから、米は基本的に農薬が使われています。もし可能であれば有機栽培・無農薬の米ぬかを使うようにしましょう。

 

ただし、米ぬかで肘や膝の黒ずみをなおすにはかなり時間がかかる

 

米ぬかに「メラニンを抑える作用」と「保湿する作用」が期待できると書きましたが、実際に米ぬかだけで肘や膝の黒ずみを完全にキレイにするにはかなりの時間がかかります。

 

例えば日本酒を造っている人の手は真っ白なので、確かに美白効果も期待できるんですが、それは何年も日本酒(お米)を触り続けているからですね。

 

1ヶ月や2ヶ月で完全にキレイになるとは思えません。

 

それを補うために美容用に米ぬかを加工して化粧品などに配合しているんです。

 

ですから、もし米ぬかに「スピード」を求めているのでしたら素直に黒ずみ専用クリームを使ってみたほうが良いです。

 

例えば全部位OK!黒ずみケアクリーム21個をランキングで一挙比較で紹介しているようなクリームです。

 

そうではなくて黒ずみをじっくりでも良いから米ぬかでケアしていきたいという場合に、今回紹介したような方法でケアしていってみてくださいね!

 このエントリーをはてなブックマークに追加