膝の黒ずみに最適な市販クリーム9選!コスパと効果で選ぼう

黒ずみをケアする市販のクリーム!

膝,ひざ,黒ずみ,ケア,市販
更新日:2018/07/17

 

膝の黒ずみを早く何とかしたい!

 

本格的に暑くなってきて膝を出す機会も増えてきました。でも夏本番はこれからですから、今からでも全然間に合います。

 

今回は市販している黒ずみクリームで、膝の黒ずみに使えるクリームにはどんなものがあるのかを細かく紹介していくので、ぜひ参考にしてみてください。

市販の膝の黒ずみクリームには2つの種類がある

 

膝,ひざ,黒ずみ,ケア,市販

 

黒ずみをケアするクリームには医薬品・医薬部外品・化粧品という分類があります。このうち市販で買えるクリームは医薬部外品と化粧品です。

 

医薬部外品の方が化粧品よりも優れていますが、少し高価になります。

 

ここはコスパや膝の黒ずみへの効果を考慮しながら好きな方を選んで良いですが、しっかりなおしていきたい場合は医薬部外品をおすすめします。

 

膝の皮膚がガサガサになっている場合の市販クリーム

 

膝,ひざ,黒ずみ,ケア,市販

 

まず最初に膝の皮膚を見てみましょう。もしガサガサになって皮膚が硬くなっていたら、クリームの前にスクラブかピーリングが必要です。

 

スクラブについては手作りで塩スクラブ重曹スクラブで十分でしょう。

 

ピーリング剤であれば刺激の少ないクレンジングリサーチのAHAがおすすめです。ほとんどのドラックストアで売っているかと思います。

 

膝,ひざ,黒ずみ,ケア,市販

 

>>クレンジングリサーチ公式サイトを見てみる

 

ただし、スクラブやピーリングは黒ずみの原因にもなるので、最小限にとどめておきましょう。

 

膝のガサガサがなくなっても黒ずんでいる場合は、肌の奥のケアが必要になります。

 

膝の黒ずみに使える市販のクリーム

 

以前、膝の黒ずみに良いジェルの条件は?もう迷わないジェル選び!という記事で失敗しない黒ずみクリームの選び方を紹介しました。

 

黒ずみクリームに必須の効果はこれです。

 

1、ターンオーバーを活発にする
2、メラニンの生成を抑える
3、保湿する

 

それではまずは以下の市販品が膝の黒ずみに使えるのかどうか1つ1つ見ていきましょう。

 

  • ワセリン
  • 豆乳ローション
  • ニベア
  • バイオイル
  • プレミアムボディミルク
  • 薬用ホワイトニングリペア
  • クロキュア
  • ラスター
  • アットベリー

 

ワセリン

 

 

ワセリン





画像

ターンオーバーを活発にする

×

メラニンの生成を抑える

×

保湿ができる

 

ワセリンは肌の表面に油性の膜を張って、肌の水分が蒸発してしまうのを防ぐ効果があります。膝の黒ずみを予防するためには保湿も大切ですが、膜を張る保湿では本質が違うので膝の黒ずみには効果がありません。

 

ただ、スキニーなどが膝の擦れる際の摩擦を減らすことはできるので、黒ずみ予防としては使うことができます。

 

>>黒ずみにワセリンが良いって本当?解説と検証です。

 

豆乳ローション

 

 

豆乳ローション







画像

ターンオーバーを活発にする

メラニンの生成を抑える

×

保湿ができる

 

豆乳ローションはビタミンCが含まれているのでターンオーバーの活性化は期待できます。ただ、本来の使い方はムダ毛予防と保湿なので、黒ずみをケアするには少し物足りないかもしれません。

 

ドラッグストアでも置いているところもあるので、手軽にムダ毛を抑制するついでに膝の保湿をしたいという場合にはおすすめです!

 

>>豆乳ローション公式サイトを見てみる

 

ニベア

 

 

ニベア






画像

ターンオーバーを活発にする

×

メラニンの生成を抑える

×

保湿ができる

 

ニベアはワセリンとほぼ同じように肌に膜を張って保湿する効果があります。ワセリンよりも天然オイルなどが配合されているので保湿効果は高いですが、黒ずみを防止したり、ターンオーバーを整えたりはあまり期待できません。

 

>>ニベア公式サイトを見てみる

 

バイオイル

 

 

バイオイル





画像

ターンオーバーを活発にする

メラニンの生成を抑える

×

保湿ができる

 

バイオイルは傷跡などに使用する人気のオイルです。傷跡をターンオーバーで治していくので、これであれば膝の黒ずみにも使うことができるでしょう。

 

ただし、公式サイトには「色素沈着のない傷跡に」と書いてあります。黒ずみ=色素沈着であることが多いので、あまり大きくは期待しないほうが良いかもしれません。

 

>>バイオイル公式サイトを見てみる

 

>>【1カ月使用】膝の黒ずみはバイオイルの保湿ケアだけでは治らない

 

ここから市販の医薬部外品が登場します!

 

実はここまでは化粧品のラインナップが主でした。ここからは化粧品よりも効果が期待できる医薬部外品を紹介していくので、ぜひ参考にしてみてください。

 

プレミアムボディミルク

 

 

プレミアムボディミルク






画像

ターンオーバーを活発にする

×

メラニンの生成を抑える

保湿ができる

 

こちらもニベア系の商品ですが、青缶よりも保湿力に優れています。超乾燥肌用と言うだけあって保湿力は優れていますが、黒ずみをガッツリケアできるアイテムではなく、肌の炎症を鎮める効果が期待できる医薬部外品です。

 

>> プレミアムボディミルク公式サイトを見てみる

 

薬用ホワイトニングリペア

 

 

薬用ホワイトニングリペア






画像

ターンオーバーを活発にする

メラニンの生成を抑える

保湿ができる

 

こちらもニベア系のクリームですが、黒ずみにも使える優秀なクリームです。トラネキサム酸でメラニンを抑制し、ビタミンC誘導体とL‐システインでターンオーバーを促します。ドラッグストアで売っている中ならこれが良いかなと思います!

 

※まだamazonなどで手に入りますが、生産終了かリニューアルされているようです。似たようなニベアのもので「ニベア リフレッシュプラス ホワイトニングボディミルク」もおすすめです。

 

>>リフレッシュプラスホワイトニングボディミルク公式サイトを見てみる

 

クロキュア

 

 

クロキュア





画像

膝,ひざ,黒ずみ,ケア,市販

ターンオーバーを活発にする

メラニンの生成を抑える

保湿ができる

 

クロキュアは小林製薬から出た新しめの黒ずみクリームです。保湿効果はあまり期待できないものの、尿素を配合しているのでピーリングの効果もありながら、ターンオーバーを促進して黒ずみの改善を目指します。

 

黒ずみの原因となるメラニンに直接効果を与える成分が入っていない点は少し残念ですが、炎症を抑えてくれるので〇としました。

 

ただし、効果の欄に「膝、ひじの角化症」となっているので、慢性的なメラニン黒ずみというよりはザラザラと皮膚が硬くなっているような黒ずみにオススメです。

 

>>クロキュア公式サイトを見てみる

 

ラスター

 

 

ラスター

画像

ターンオーバーを活発にする

メラニンの生成を抑える

保湿ができる

 

ラスターは膝の黒ずみクリームとして非常に人気のあるクリームです。通販でしか買うことができませんが、医薬部外品なので化粧品とは雲泥の差です。

 

また、チューブタイプで使いやすく、香りもとても良いので使いやすいです。ニベアに比べれば高級ですが、本気で膝の黒ずみをケアしたい人には選ばれていますよ。

 

ちなみに私も使っているのでよろしければレビューなども参考にしてみてください。

 

>>ラスターを実際に使ってレビュー!使い心地やコスパはどう?

 

アットベリー 【詳細】

 

 

アットベリー

画像

ターンオーバーを活発にする

メラニンの生成を抑える

保湿ができる

 

アットベリーは基本的にバランスの良いクリームです。私も膝の黒ずみに悩んでいたので、真っ先にこれを買いました。通販品の中では品質とコスパのバランスが良く、口コミの評価もとても高いです。

 

こちらもレビューしているので、良かったら参考になさってみてください。

 

>>薬用アットベリーを実際に使った体験談とレビュー