これを読めばあなたも黒ずみジェルマスター!

膝,ひざ,黒ずみ,ジェル

更新日:2018/07/17

 

膝の黒ずみを治すためのジェルってたくさんありますよね。たくさんありすぎてどうやって選べば良いのかがわかりづらいです。

 

でも、私がこのブログを書く中で、黒ずみケアに絶対必要な物がわかってきました。

 

そこで、膝の黒ずみをケアするジェルをどうやって選んだら失敗しないのかを解説していくので、ぜひジェル選びの参考にしてみてください。

 

黒ずみをケアするジェルに必須なもの

膝,ひざ,黒ずみ,ジェル

 

まず、膝の黒ずみには2つの種類があります。

 

乾燥による角質硬化と、刺激によるメラニンの生成からの色素沈殿です。

 

でも膝の場合はほとんどが刺激によるメラニンの生成からの色素沈殿なんですね。

 

自分の膝をちょっと見てみてください。

  1. ガサガサして固くなっている
  2. 固くないけどボヤっとくすみのような黒ずみがある

私もそうでしたが、多くの人は2だと思います。

 

これがいわゆるメラニンで、顔にできるシミと同じメラニンでできた黒ずみです。

 

そして、メラニンによる膝の黒ずみをケアするためには、下記の3つが必要になります。

  • ターンオーバーを活発にするもの
  • メラニンの生成を抑えるもの
  • 保湿するもの

それぞれどんな成分を選べば良いのか少し解説しますね。

 

1、ターンオーバーを活発にするもの

 

メラニンは本来、人間が持つターンオーバーの力で勝手に排出されてキレイになるはずですが、黒ずみができているということはメラニンの生成にターンオーバーが追いついていない証拠です。

 

下記の成分によってターンオーバーをサポートしてあげましょう。

 

[具体的な成分]
プラセンタ、ビタミンEなど

 

2、メラニンの生成を抑えるもの

 

メラニンは服と擦れたり膝立ちするなどして膝に刺激を与えると生成されます。これを抑えればあとはターンオーバーで排出されるのを待つのみです。

 

[具体的な成分]
天草エキス、トラネキサム酸など

 

3、保湿するもの

 

肌が乾燥しているとターンオーバーのサイクルが狂ってしまいます。保湿と言ってもワセリンなどのように肌の外側ではなくて、内側に浸透してくれる保湿成分が望ましいです。

 

[具体的な成分]
セラミド、コラーゲン、ヒアルロン酸など

 

この3つができるジェルを選んでおけばまず間違いありません。

 

メラニンの生成を抑えながらターンオーバーを促進させていくので理屈が完璧です。

 

スクラブやピーリングジェルは使えないの?

 

ジェルと言ってもスクラブやピーリングジェルはおすすめできません。

 

スクラブもピーリングも肌の表面をきれいにする方法です。

 

膝,ひざ,黒ずみ,ジェル

 

この図のようにメラニンは肌の奥にあるため、スクラブやピーリングで表面をケアしてもあまり意味がないんです。

 

むしろそれ自体が刺激になってしまうのでよけい黒ずみを悪化させる可能性もあります。

 

なのでスクラブやピーリングをする場合は、まずターンオーバーでメラニンを含んだ角質を肌表面に出す必要があります。

 

ただし膝の黒ずみがガサガサしている場合にはあり

 

乾燥で肌の角質硬化が起こっている場合は逆で、先にスクラブやピーリングで肌をきれいにする必要があります。

 

その方が肌に黒ずみクリームの成分が浸透しやすいからです。

 

この点について気になる人は【注意】膝の黒ずみに毎日ピーリングすると逆効果に!を参考にしてみてください。

 

わたしが膝の黒ずみに選んだジェルはアットベリー

膝,ひざ,黒ずみ,ジェル

 

おさらいになりますが、黒ずみクリームを選ぶときは以下の3点、

1、ターンオーバーを活発にするもの
2、メラニンの生成を抑えるもの
3、保湿するもの

を目安に選びましょう。

 

これらを考慮して私が選んだのはアットベリーというクリームです。

 

アットベリーについて詳しくは【詳しすぎ】アットベリーは黒ずみに効く?口コミも参考に完全分析!を参考にしてみてください。

 

また、薬局に売っているような市販品を検討したいという場合は膝の黒ずみに最適な市販クリーム9選!コスパと効果で選ぼうを参考にしてみてくださいね!