肘や膝の黒ずみにグリセリンカリ液を使う前に肘や膝の状態を確認して!

グリセリンカリ液

更新日:2019/01/23

 

グリセリンカリ液を使うと黒ずみが良くなる、という噂が話題になっています。

 

それなら私の肘や膝の黒ずみにも…と思った人は、ちょっと待ってください!

 

確かにグリセリンカリ液を使えば黒ずみが良くなることはあります。

 

でもそれにはある条件が必要で、肘や膝の黒ずみはその条件を満たしていないことが多いんです。

 

グリセリンカリ液はとても強いアルカリ性なので刺激が強く、良く分からずに使った場合は逆効果でよけいに黒ずむこともあります。

 

そうならないためにこの記事では、どんな状態の肘や膝の黒ずみにならグリセリンカリ液を使って良いのか見極められるように解説していくので、ぜひご参考にしてみてください。

グリセリンカリ液で治せる黒ずみの見分け方

肘や膝の黒ずみにグリセリンカリ液が使えるかどうかは「ガサガサしているかしていないか」で見極めます。

黒ずみの写真

もしガサガサしていた場合は角質が溜まった黒ずみなのでグリセリンカリ液を使うことができます。

 

逆にガサガサしていなければ角質ではなくメラニンなのでグリセリンカリ液は効果がありません!

グリセリンカリ液はピーリングに似た効果がある

グリセリンカリ液はもともとヒビやあかぎれをケアする指定医薬部外品で、その効果は、

  • 保湿
  • 角質を軟化させる(ピーリングのようなもの)

の2つです。

つまり、グリセリンカリ液でケアできるのは「古い角質」が原因で黒ずみになっている場合のみです。

グリセリンカリ液を使った黒ずみケアはとっても簡単♪

では、自分の肘膝の黒ずみがガサガサしている人に向けて使い方をご紹介します。

 

と言っても使い方はとても簡単で、

  1. コットンにグリセリンカリ液を浸して気になる部分に塗る
  2. (綿棒で塗ってもOKです)

これだけでOKなんですよ!

グリセリンカリ液で黒ずみをケアするポイントと注意点

ポイント

  • できれば週に2〜3回をじっくり続けたほうが良い
  • 使用後べたつく場合はベビーパウダーを塗ると良い

注意点

  • アルカリ性がかなり強いので肌が弱い人は気を付ける
  • メラニン黒ずみに塗っても効果がないどころか余計に黒ずむことも
  • 顔や粘膜付近には使用しない

グリセリンカリ液とピーリングの違い…どっちが良い?

ピーリングの写真

グリセリンカリ液もピーリングも効果はどっちも同じなのですが、グリセリンカリ液はアルカリ性、ピーリングは酸性です。

 

アルカリ性と酸性で真逆なのにどっちも皮膚を溶かすなんて不思議ですよね(笑)

 

でも美容の基本として肌に優しいのは弱酸性、刺激が強いのはアルカリ性ですから、どちらかというとピーリングよりもグリセリンカリ液の方が刺激が強いといえそうです。

 

人によって酸性に弱いとかアルカリ性に弱いとかあるかと思いますのでそこでどっちが良いか判断するのも良いと思います。

 

肘膝のメラニン黒ずみにはグリセリンカリ液は効かない

メラニン黒ずみの解説

続いて肘膝のメラニン黒ずみについてですが、まずこの図を見てみてください。

メラニン肌の図解

メラニン黒ずみとは肌の奥のメラノサイトで作られたメラニンが肌の表面までずっと続いている状態です。

 

グリセリンカリ液は皮膚の表面を溶かして落とすだけなので、1発で黒ずみがキレイになることはありません。

 

メラニン黒ずみは膝立ちや肘つき、摩擦などの刺激でできているので、最悪の場合グリセリンカリ液のアルカリ性の刺激で余計に黒ずみを作る可能性もあります。

 

もし自分の黒ずみを見てみてガサガサしていないなーと思ったらもっと刺激の弱いピーリングや尿素、黒ずみクリームなどもありますので下記の記事を参考にしてみてください。

 

とはいえ1回使ってみるのは全然あり!

女性のイラスト

最後にこんなことを言ったらアレかもしれないですが、肘や膝ならばグリセリンカリ液を1回使ってみるのは全然アリです。

 

300円くらいでドラッグストアで買えますしね!

 

メラニン黒ずみだったとしても1回で逆効果になることはないです。

 

ただ、何も考えずに塗り続ければ治るわけではないので、自分の黒ずみにグリセリンカリ液があっているのかどうか見極めながら使っていくことをおすすめします!

 このエントリーをはてなブックマークに追加