ガスールで肘や膝の黒ずみが良くならないのはなぜ?

ガスール

更新日2019/02/04

 

ガスールと言えば毛穴の黒ずみケアに使われることの多い泥のスキンケアです。

 

主にモロッコの土が原料で、モロッコと言えばアルガンオイルで有名ですが、土も美容に良いんですね♡

 

そんなガスールはミネラルをたっぷり含んだ粘土で洗顔することによって毛穴に詰まった黒ずみを吸着してキレイにしてくれる効果があります。

 

ということは肘や膝の黒ずみにも使えるのか…と思ったけど、実際には肘や膝の黒ずみをガスールだけで治すのは難しいでしょう。

 

今回はガスールが肘や膝に使えなそうな理由とおすすめのケア方法を解説していくのでぜひ参考にしてみてください。

ガスールの効果をおさらい

ガスールの原料であるモロッコの土にどんな効果があるのかガスールの販売会社の公式サイトに載っていました。

 

ガスールは、原石を地下水で溶かし、ろ過して、太陽と風で乾かしたシンプルなもの。粘土の吸着力が肌の汚れを取り除き、ミネラルが顔や髪、身体をしっとりとなめらかに洗い上げ、整えます。

参照:ガスール naiad 公式

 

さらにミネラル以外の栄養素としてカリウム、カルシウム、ナトリウム、チタン、マグネシウムなどが入っています。

 

つまり

  • 粘土の吸着力
  • 肌や髪に栄養を与える

この2つがガスールの主な効果になります。

 

だからガスールでケアできるのは

  • 毛穴の角栓の詰まりによる黒ずみ
  • 髪の栄養不足
  • 肌の栄養不足

と言えそうです。

肘や膝の黒ずみがガスールで落ちない理由

黒ずみの種類

肘や膝の黒ずみが、仮に「毛穴の詰まり」であればガスールの粘土の吸着力で黒ずみを解消できます。

 

が、肘や膝の黒ずみってよく見ると毛穴のつまりによる黒ずみじゃないんですよね。

 

肘や膝の黒ずみは主に

  • 古い角質による黒ずみ
  • メラニンによる黒ずみ

のどちらかです。

 

これらの黒ずみに有効なのはピーリングやスクラブ、美白成分によるケアと言ったところなので汚れを落とすガスールのようなケア方法ではちょっと難しいですね。

 

ただし、肘や膝の黒ずみにガスールがダメなわけではない

泡立てた石鹸の写真

ガスール自体は天然の原料ですし、黒ずみを治す効果はないとしても使っていけないことはありません!

 

もし肘膝の黒ずみを治すためにガスールを買ってしまったとすれば、ガンガン使っていきましょう。

ガスールを使った肘や膝の黒ずみの正しいケア方法

膝の黒ずみの写真

肘や膝の黒ずみをケアするのであればスクラブやピーリング、美白成分によるケアがおすすめ。

 

自分の黒ずみが古い角質かメラニンかによって適したやり方は変わりますが、もし美白成分でケアしていく場合は美白美容液や美白クリームを塗る前にガスールで洗ってみてください。

 

ガスールで肘膝の汚れを落としてミネラルなどの栄養を与えることでその後の美白成分の浸透力が上がるという話もあるので、ただ美白成分を届けるよりも効果が期待できます!

 

スクラブやピーリングにガスールを合わせるのはちょっと過度なケアになるのでやらないほうが良いですが、美白成分ケアの場合にはそういった使い方ができます。

 

どのケア方法が良いかは好みによるので、下記を参考にしてみてください。

 

スクラブ:【即効性】肘や膝の黒ずみをスクラブでケアする!手作りレシピもあり

 

ピーリング:肘や膝の黒ずみをピーリングで治す3つの方法!手作りや尿素で♪

 

美白成分:全部位OK!黒ずみケアクリーム21個をランキングで一挙比較

 このエントリーをはてなブックマークに追加