肘や膝の黒ずみに良いオイルとは?

アルガンオイル

更新日:2018/07/24

 

肘や膝の黒ずみをケアするのにオーガニックオイルを使いたい人が増えてきています。

 

でもオイルと言っても様々な種類があるのでどれが1番効果的なのかよくわからないですよね。

 

そこで今回はココナッツオイル、オリーブオイル、アルガンオイルの3つを比較しながら、肘や膝の黒ずみに最適なオイルはどれなのか解説していくので参考にしてみてください。
※後半にホホバオイルも追記しました。

肘や膝の黒ずみをケアするオイルに必要なこと

メラニン肌の図解

 

肘や膝の黒ずみは、膝立ちやスキニーの摩擦によって肘や膝にメラニンという色素がたまってできています。

 

メラニンと言えば顔にできるシミと同じ色素ですよね。

 

ですから、オイルで肘や膝の黒ずみをケアしようと思ったら必要なのは次の3つの効果です。

  • ターンオーバーを活発にする
  • メラニンを抑制する
  • 保湿ができる

この3点に焦点を当てて、3つのオイルのうちどれが肘や膝の黒ずみに適しているのか比較していきます。

 

肘や膝の黒ずみに最適なオイルは?オイル3点比較

 

 

ココナッツオイル

画像

ココナッツオイル

ターンオーバーを活発にする

メラニンの生成を抑える

保湿ができる

 

ココナッツオイルの目玉はビタミンEです。

 

ビタミンEはメラニンのエサとなる活性酵素を抑えてくれたり、高い浸透力で保湿してくれたり、ターンオーバーを活発にしてくれます。

 

他のオイルに比べて特にどれかの成分が多いということはありませんが、バランスの取れたオイルです。

 

 

オリーブオイル

画像

オリーブオイル

ターンオーバーを活発にする

メラニンの生成を抑える

保湿ができる

 

オリーブオイルはオレイン酸が豊富なので、保湿に特化したオイルです。

 

ターンオーバーを活発にしたりメラニンを抑制したりする効果は弱いので、肘や膝のメラニン黒ずみには少し役不足かもしれません。

 

 

アルガンオイル

画像

アルガンオイル

ターンオーバーを活発にする

メラニンの生成を抑える

保湿ができる

 

アルガンオイルは3つのオイルの中で、肘や膝の黒ずみケアに最も向いています。

 

ターンオーバーを促進させる・保湿する成分はビタミンEで、その量はオリーブオイルの2〜3倍と言われています。

 

それから近年の研究で、メラニンを作らせるチロシナーゼという酵素を阻害する働きがあることも確認されているので、黒ずみケアに適したオイルと言えます。

 

今回比較した中で肘や膝の黒ずみに適しているのはアルガンオイルです。

 

オイルを使った肘や膝の黒ずみケア方法

 

普段から顔などにオイルを使っている人は同じ要領で肘や膝の黒ずみにも塗ってみてください。

 

基本はボディークリームなどと同じくお風呂上りに塗るだけでOKです。

 

また、肘や膝の黒ずみは朝晩ケアすることが望ましいので、できれば朝も塗ってあげてください。

 

オイルの中には酸化しやすく紫外線で油焼けしやすいオイルがあります。

 

今回紹介した3つのオイルは酸化しにくいので日中の使用もOKです。

 

肘や膝の黒ずみをオイルで治すにはかなりの時間がかかる

 

これらのオイルを肘や膝の黒ずみに塗ったとして、効果が現れるのは1ヶ月以上経ってからです。

 

基本的にオイルで肘や膝の黒ずみをケアするには、オイルの中に入っている「ビタミンE」の力を借りてターンオーバーによってゆっくりと黒ずみを排出してなおしていきます。

 

でもビタミンEは美白成分として認められている成分ではないので、効果が現れるのは非常にゆっくりなんですね。

 

それに、絶対効果があるというわけでもありません。

  • どうしても肘や膝の黒ずみをなおしたいのか
  • どうしてもオイルを使ってケアしたいのか

あなたはどちらに当てはまりますか?

 

「どうしてもオイルでケアしたい!」という強い気持ちがあれば効果がゆっくりでも根気強く続けていけるので大丈夫です。

 

でも「何となく黒ずみに良さそうだからオイルを使う」「別にオイルにこだわってはいない」というのであれば長続きしないと思うので、黒ずみ専用のクリームを使った方が良いです。

 

黒ずみ専用のクリームには美白成分が入っている

 

黒ずみクリームとオイルの決定的な違いは美白成分として認められた成分が入っているかどうかです。

美白成分とは

  • プラセンタ
  • ビタミンC誘導体
  • アルブチンなど

特にオイルにこだわりがないという人や、オイルを使っても肘や膝の黒ずみが治せなかったという人は黒ずみクリームも視野に入れてみると選択肢が広がります。

 

 

 

見てみるだけでも肘や膝の黒ずみケアの参考になると思うので、ぜひチェックしてみてくださいね。

追記:ホホバオイルも検証しました!

 

ホホバオイルはとても低刺激で使い心地の良いオイルです。砂漠という水分の少ない環境でも生きていける植物のオイルなので、その生命力からもオイルの可能性を感じますね。

 

ホホバオイルは人間の皮脂ととても良く似た構造をした、ワックスエステルという成分が主成分です。そのため馴染みも良く、肌との相性も良いです。

 

酸化もしにくいため他のオイルよりも扱いが楽な点で優れています。さて、では肘や膝の黒ずみに効果が期待できるのかを見ていきましょう。

ホホバオイルに期待できる6つの効果

  • 肌を保湿して、ハリ・潤いを与える
  • ニキビ・吹き出物などの防止
  • 毛穴の黒ずみケア
  • エイジングケア
  • 妊娠線防止
  • 髪・頭皮を乾燥から守る

これが主な効果です。ちょっと抽象的ですが、ほぼ保湿のことを言っています。このうちエイジングケアがありますが、これはホホバオイルに含まれるビタミンEが関係しています。

 

ビタミンEは抗酸化作用があるためエイジングケアに欠かせません。さらにビタミンEにはターンオーバーを促進する作用もあるんですね。

ビタミンEを除けば保湿用

女性のイラスト

 

肘や膝の黒ずみを改善するためには保湿だけでは足りません。他にメラニンを抑制させる、ターンオーバーを促進させることが必須です。保湿は、黒ずみ予防には使えますが、改善はできないんですね。

 

ビタミンEが含まれているので、期待はできます。しかし、天然由来の為配合量は決まっているので時間はかかってしまいます。

 

結論:ホホバオイルで肘や膝の黒ずみ改善は可能だが、かなり時間がかかる!

 

そもそも黒ずみ改善用のオイルではないので、本気で改善を目指すのであれば少し役不足かもしれません。

他に必要なこと

その他、メラニンを抑制する成分が無いので、自分でメラニンを作らせない工夫が必要です。メラニンは刺激を与えることで作られます。服の擦れでもできてしまうのでできるだけ肘や膝に刺激を与えない工夫をしましょう。

 

今ホホバオイルを持っているなら使ってみるのも良いですが、黒ずみを解決するために今から買うのは得策ではないです。ホホバオイルもタダではないので・・・。本気で黒ずみを治すのであれば、その道のプロが考えて作った黒ずみクリームを使うのが一番現実的です。

 

ぜひ検討してみてくださいね^^

 このエントリーをはてなブックマークに追加