肘や膝の黒ずみをケアするアロマを見極めよう

アロマ

更新日:2018/08/22

 

肘や膝の黒ずみをなおそうと思ったらいろいろな方法があるのですが、中でも自然派の人や美容上級者に人気なのがアロマを使ったケア方法です。

 

市販のクリームなどを使うよりは手間もかかるし時間もかかる、精油によっては費用もかさみますが、何とも言えない魅力があるんですよね。

 

ただ、肘や膝の黒ずみをアロマでケアしていくのであればなんと言っても「精油選び」が重要になります。テキトウな精油を選んでもキレイになることはありません。

 

この記事では黒ずみに最適なアロマを選べるように、肘や膝の黒ずみについて簡単に解説した後におすすめの精油を一覧で紹介していくので、ぜひ参考にしてみてください。

肘や膝の黒ずみを治す3つの大切なこと

女性のイラスト

 

まず肘や膝の黒ずみはメラニンという色素が原因になっています。膝立ちやズボンの擦れ、紫外線などの刺激で肌の奥の方にメラニンができてしまっているんですね。

 

メラニンは通常であればターンオーバーで勝手に排出されるのですが、無くならずに肘や膝が黒ずんでいるということ以下のどれかが考えられます。

  • ターンオーバーのリズムが整っていない
  • メラニンが作られ続けている
  • 乾燥している

これらを改善することで肘や膝の黒ずみをケアしていきます。

 

この部分をアロマでサポートしてあげるように精油を選ぶのがポイントです。

  • ターンオーバーのリズムを整える(促進させる)
  • メラニンを抑制する
  • 保湿する

それでは上記の効果が期待できる精油を見ていきましょう。

 

肘や膝の黒ずみにオススメの精油

ターンオーバーのリズムを整える(促進させる)精油

  • カモミールジャーマン
  • カモミールローマン
  • ゼラニウム
  • パチュリ
  • フランキンセンス
  • ヘリクリサム
  • ミルラ

メラニンを抑制する精油

  • アイリス
  • カモミールジャーマン
  • ユズ
  • ローズマリー

保湿に関しては精油よりもキャリアオイルに期待しましょう。

 

ホホバオイルは言わずと知れた保湿効果の高いキャリアオイルなのでおすすめです。

 

また、保湿よりもさらに黒ずみに対する効果が欲しいという場合はスイートアーモンドオイルもメラニン抑制作用があるのでおすすめですよ。

 

オイルに関しては肘や膝の黒ずみに使えるオイルに関する記事も合わせて読んでみてください。

 

他にグレープフルーツ、レモンといった漂白作用のあるものも良いですが光毒性や禁忌も多いので日中使う人や妊娠中の人は気を付けてくださいね。

肘や膝の黒ずみにアロマを使う際の注意点

  • 初心者の人は特に禁忌について調べる
  • 初めての精油はパッチテストをおこなう
  • 精油は1%以下に薄める

アロマを使った肘や膝の黒ずみのケア方法と期間について

アロマを使った肘や膝の黒ずみのケア方法はとっても簡単です。

 

ブレンドしたアロマを肘や膝に塗るだけ!マッサージなどもとくに必要ありません。

 

肘や膝の黒ずみの原因は「メラニン」だということがわかっているので、あとはメラニンが排出されるのを待つだけです。

 

期間に関してですが早い人(若くて黒ずみが薄い人)で早くて1ヶ月、長くて3ヶ月以上は見ておきましょう。

 

ターンオーバーの周期は年齢を重ねるごとに遅くなっていくので根気強く続ける必要があります。

 

まとめ

女性のイラスト

 

肘や膝の黒ずみをケアするのに大切なことは3つです。

  • ターンオーバーのリズムを整える(促進させる)
  • メラニンを抑制する
  • 保湿する

 

これを全て兼ね揃えたアロマは売っていないので作るしかないです。

 

そこを楽しめる人はぜひ挑戦してみてください。

 

もし、長く続けるのは難しいと感じる人は、アロマではないですが黒ずみ(メラニン)に特化した黒ずみクリームをランキング化した記事もあるので参考にしてみてくださいね。

 このエントリーをはてなブックマークに追加