アイハーブで肘や膝の黒ずみに使えるアイテムを厳選!

膝の黒ずみの写真

更新日:2019/02/08

 

自然派志向の人や海外コスメを支持する人たちに大人気のアイハーブで肘や膝の黒ずみに使えそうなアイテムを探してきました。

 

アイハーブは日本で手に入らないクリームや、日本にあるものでもドラッグストアより30%近く安く手に入るのが最大の魅力ですよね。

 

まずは肘膝の黒ずみを簡単に解説した後に、見つけてきた海外のクリームやサプリをご紹介します!

肘や膝の黒ずみを見分けよう

黒ずみの種類

まずは自分の肘や膝の黒ずみを見てみて、ガサガサしているかガサガサしていないかチェックしてみてください。

  • ガサガサしている→角質による黒ずみ
  • ガサガサしていない→メラニンによる黒ずみ

どっちなのかによって適したケア方法が異なります。

 

でも肘膝の場合、ほとんどガサガサしていないメラニン黒ずみなんですよね。

 

もしかかとみたいにガサガサした角質黒ずみならピーリングが有効なので肘や膝の黒ずみをピーリングで治す3つの方法!手作りや尿素で♪こちらの記事を参考にしてみてください。

アイハーブの中で膝の黒ずみに使えるのはコレ!

アイハーブにはものすごい数のスキンケア商品がありますよね。

 

まずアイハーブの中のカテゴリで言うと肘膝の黒ずみに使えるのは

  • ハイドロキノン系クリーム
  • トレチノイン(ビタミンA)系クリーム
  • 美白系サプリメント

メラニン黒ずみって顔にできるシミと同じ色素なので、基本はシミの治し方と同じなんです。

アイハーブで人気の黒ずみ予防サプリメント:トランサミン500r

アイハーブで美白系のサプリメントと言えば人気なのがトランサミンです。このトランサミンはトラネキサム酸を配合していて、メラニンの生成を抑えてくれます。

 

口コミなんかでも日焼け後に肌が黒くなるのを予防するために飲んでいるという声が多く、どちらかと言えば黒ずみ予防として飲みたいサプリですね。

 

日本で売っているトラネキサム酸のサプリと言えばトランシーノですが、トランシーノよりもトラネキサム酸の含有量が多く値段も安いのが人気の秘訣です。

※アイハーブからなくなったのでオランダ堂にリンクしています。

アイハーブで人気の黒ずみケアサプリメント:リポソームビタミンC

ビタミンCはすでにできてしまったメラニンをケアすることができる成分で、日本の美白クリームなんかにもよく配合されていますね。

 

このサプリのポイントは成分をリポソームしていること。成分をリポソーム化すると浸透力が段違いで、飲む点滴なんて言われるほどです。

ちょっと高いのが難点なので、安く済ませたい人は下記のビタミンCもおすすめ!

その前に

 

ビタミンCは通常2時間ちょっとで尿として排出されます。経口摂取でビタミンCを取り入れる場合はどれだけ飲んだかじゃなくて、体内にビタミンCがある時間の長さが重要なんです。

 

アイハーブのビタミンCには「胃で少しづつ溶けるビタミンC」や「小分けで飲むビタミンC」もあります。

Natural Factors,のビタミンCタイムリリース

このサプリは胃で少しずつ溶けるタイプのビタミンCです。リポソームよりも安価という点が口コミでも評価されています。

 

ただしビタミンCがずっと胃の中にある状態なので胃が弱い人には少し刺激が強いかもしれません。

Natural FactorsのビタミンC小分けタイプ

こっちは小分けにして食べるタイプのビタミンCです。リポソームやタイムリリーズほど効果に関する口コミはないですが、気軽に食べやすいのがメリットです。

その他、黒ずみ改善に役立つ成分

上記2つ(トラネキサム酸とビタミンC)は日本の美白商品にも使われているので結構聞いたことがあって使いやすい成分かと思います。

 

その他にも肘膝の黒ずみに使える成分としてアイハーブの中にあるものだと

  • Lシステイン
  • Nアセチルシステイン
  • グルタチオン

などがあります。この辺はメラニンを抑えたりメラニンの還元効果もあるのですが、肝臓のためやエイジングケアのためのサプリメントとして売られていることが多いですね。

海外輸入クリームと言えばユークロマクリーム4%とエーレットジェル

続いて美白マニアの中でも人気の高いユークロマ4%とエーレットジェルです。

 

なんとこれは…ハイドロキノンとトレチノイン!皮膚科で黒ずみを診てもらうと高確率で出されるクリームの二大巨頭ですね。

 

ハイドロキノン4%は別に日本の化粧品でも珍しくないですが、なんといっても値段が安いです。日本で買える最高濃度の5%ハイドロキノン化粧品なんかは1万円近くしますが、ユークロマは2000円ちょっとです。

 

でも特筆すべきはエーレットジェル。日本でトレチノインを手に入れるにはお医者さんの処方箋が必要なので、これには私もびっくりしました(笑)

ハイドロキノンとトレチノインは本気で副作用がすごいです。特にハイドロキノンを使ってできた白斑は自力では治りません。

 

また、トレチノインは皮がめくれてきますので、知識がない場合は手を出さないほうが良いです。

 

よくわからない場合はこちらの記事を読んでみてください→肝斑などのシミに対するトレチノイン・ハイドロキノン併用療法(外部サイト)

ハイドロキノンとトレチノインによるメラニン治療は最も有効として学会などでも発表されていますが、個人でやるにはリスクが大きすぎるので皮膚科の先生と一緒におこなうのが理想です。

 

あと、これもアイハーブに無くなっていたので買いたい場合はオランダ堂でした(すみません…!)

アイハーブで損しないポイント

  • よくセールをしているのでセールに合わせる
  • 関税がかからないように合計金額を15000円くらいにする
  • 関税がかからないように合計の重さを10kg以内にする
  • クーポンを見つけて安くする(5%と10%クーポンがある)

以上、肘や膝の黒ずみをケアするアイハーブのアイテム紹介でした♡

 このエントリーをはてなブックマークに追加