肘膝の黒ずみにオロナインは効果なし!

オロナインの写真

更新日:2019/02/06

 

オロナインは各家庭に1つはあるであろう常備薬のロングセラー商品ですね。

 

私の家にも昔からあって、大好きなんですオロナイン(笑)

 

そんなオロナインが黒ずみに使えるとして一時期話題になりました。それなら肘や膝の黒ずみにも使えるかも…と思った人はちょっと待ってください。

 

オロナインが使えるといわれているのは「鼻の毛穴の詰まりによる黒ずみ」なんです。

 

肘や膝の黒ずみを見てみると毛穴が詰まっているわけじゃないですよね?だから肘膝にオロナインを塗り続けても黒ずみは良くならないんです。

 

今回はオロナインの効果やオロナインパックの効果を簡単に解説した後に肘膝の黒ずみが何なのか、正しいケア方法は何なのかを解説していくのでぜひ参考にしてみてください。

オロナインが使えるのは鼻の黒ずみ

オロナインの写真

オロナインが黒ずみに使えるといわれるようになったのは、鼻の黒ずみをオロナインでパックしたらキレイになったというネット記事やYouTube動画が発端です。

 

今回は肘や膝の黒ずみなのであまり言及しませんが、オロナインパックで鼻の黒ずみがとれる理由は成分を見るとわかります。

オロナインH軟膏に入っている成分

◎ 有効成分(1g中)
クロルヘキシジングルコン酸塩液(20%):10mg

 

◎ 添加物ラウロマクロゴール /
ポリソルベート80
硫酸Al/K
マクロゴール
グリセリン
オリブ油
ステアリルアルコール
サラシミツロウ
ワセリン
自己乳化型ステアリン酸グリセリル
香料
精製水

 

参照:オロナイン公式

 

太字で書いたオリブ油には角栓を浮き上がらせる効果があるといわれています。

 

さらに自己乳化型ステアリン酸グリセリルは、洗顔やクレンジングなんかにも使われる界面活性剤の一種です。界面活性剤は汚れを落とす効果があるので、これによって毛穴に詰まった汚れがオロナインパックで落ちるということですね。

肘や膝の黒ずみは角栓じゃない!

黒ずみの種類

肘や膝の黒ずみは大きく分けて2つの種類に分類されます。

  • 1つがガサガサした角質黒ずみ
  • もう1つがガサガサしていないメラニン黒ずみ

この2つ以外はありません。

 

肘や膝の黒ずみ部分をよーく見てみても鼻の毛穴みたいにぶつぶつしていないですよね。それよりは皮膚全体がボヤーっと黒ずんでいるはずです。

 

つまりオロナインを肘や膝の黒ずみに塗って「角栓ケア」をしたところで黒ずみは一向に良くならないということですね。

オロナインで肘膝の黒ずみが悪くなる!?

膝の黒ずみの写真

また、オロナインをスキンケアとして使った場合に言われているデメリットが「乾燥」です。

 

さらに殺菌作用もあるので皮膚にいる常在菌(良い菌)までいなくなったりとあまり良いことがありません。

 

特に肘膝が乾燥していると肌のバリア機能が弱って黒ずみができやすい環境になってしまうんです。

 

もちろんスクラブや軽石のように、オロナインを塗ったからと言って直接黒ずみが濃くなることはありませんが、間接的に黒ずみができてしまう可能性があるということです。

オロナインはあくまで殺菌用に使いましょう

オロナインの正しい効果は下記です。

オロナインH軟膏をお使いいただける効果・効能
  • にきび
  • 吹出物
  • はたけ
  • やけど(かるいもの)
  • ひび
  • しもやけ
  • あかぎれ
  • きず
  • 水虫(じゅくじゅくしていないもの)
  • たむし
  • いんきん
  • しらくも

市販とは言え医薬品なので気軽にスキンケアには使わないのが賢明です。

肘や膝の黒ずみをケアするオロナイン以外の正しい方法

クリームを手に塗った写真

じゃあどうやって肘や膝の黒ずみをケアしていけば良いのかというと、先ほど見分けていただいた、

  • ガサガサした角質黒ずみ
  • ガサガサしていないメラニン黒ずみ

どっちかによってケア方法が異なります。

 

まず角質黒ずみの場合は肌の表面に古い角質が溜まった状態なのでピーリングなどのケア方法がおすすめです。

 

 

メラニン黒ずみの場合は顔にできるシミと同じようなものなので美白有効成分を配合したクリームや美容液を塗っていくのがおすすめです。

 

 

 このエントリーをはてなブックマークに追加