肘の内側の黒ずみの原因と正しいケア方法

肘の黒ずみの写真

更新日2019/02/07

 

ある時気付いたら「肘の内側が黒ずんでる」ことってありますよね。肘の内側が黒ずむと半袖も着れないし結構困りものです。

 

特にアトピー体質の人に多いみたいですが、アトピーじゃなくても肘の内側が黒ずむことはあります。

 

これは何が原因なのかというとやっぱり「掻いているから」で、まずはかゆみを抑えてそのあと黒ずみをケアしていく必要があります。

 

しかも黒ずみのケア方法も、かゆみの原因となる乾燥をおこさせない方法が求められます。

 

今回はそんな肘の内側のかゆみを抑える方法と、できてしまった黒ずみをケアする正しい方法を紹介していくのでぜひ参考にしてみてください。

肘の内側の黒ずみは掻きむしり跡

まず、肘の内側は汗をかきやすいのに皮膚が薄くて乾燥しやすい部分です。

 

アトピー体質の人は特にその傾向が強く、爪で掻いてしまうことでそこが色素沈着をおこして黒ずみになっていきます。

 

アトピー体質じゃない人も気づかないうちに掻いていたり、寝ている間に掻いている可能性もあります。

 

掻かない限り肘の内側が黒ずむことはまずないので、自覚症状がないとしてもまずはこのかゆみを予防することがとても重要なんです!

肘の内側のかゆみを予防する方法

ワセリンの写真

  • 乾燥しないように肘の内側も保湿する
  • 汗をこまめにふき取る
  • かゆいときは掻かずに冷やす
  • それでもかゆいときはかゆみ止めを塗る

アトピー体質の人は担当のお医者さんに肘の内側が痒いことを伝えてみてください。

かゆみを抑えたら次は黒ずみケア

掻きむしりによってできた黒ずみはメラニンの色素沈着が原因です。

 

メラニンの色素沈着と言えば私のブログでは

  • スクラブ
  • ピーリング
  • 美白クリーム

など様々なケア方法を紹介していてどれでも黒ずみをケアすることはできますが、肘の内側は乾燥によってかゆみが出て、そのせいで黒ずみになってしまっているので乾燥しやすいケア方法はNGです。

肘の内側の黒ずみに最適な黒ずみケアとは

クリームを塗った写真

上述したケア方法の中でもピーリングやスクラブは乾燥しやすいケア方法です。

 

そのため、保湿成分をたっぷり含んだ美白クリームを塗っていくのが良いでしょう。

 

肘の内側が痒い場合は敏感肌の場合が多いので、肌に優しい黒ずみクリームが理想です。

 

全部位OK!黒ずみケアクリーム21個をランキングで一挙比較こちらのランキングなどを参考に自分に合うクリームを選んでみてください。

アトピーの人は皮膚科に相談を

もしアトピーだと判明している人は、市販の美白クリームでかぶれをおこす可能性があるので皮膚科の先生に相談するのが賢明です。

 

例えばこちらの松島皮膚科医院さんではレーザートーニングで黒ずみを治していくとおっしゃっています。

 

すでにステロイドなどを塗っている場合も塗り合わせなどありますので、自己判断で市販のクリームを足さないほうが安全ですね。

 

もちろんアトピーじゃない人も皮膚科の先生に相談するのが1番確実です。

肘の内側の黒ずみはかゆみを予防してから!

肘の内側の黒ずみは肘や膝の外側と違って、普段から刺激を受けているわけではないので、まずは刺激の原因となるかゆみを止めること!

 

そしてできるだけ乾燥させない方法でじっくり黒ずみをケアしていくのがカギです。

 

特に乾燥しやすい秋冬のうちにケアしておけば春夏の半袖の時期に間に合うので気付いたら早めにケアを開始しましょう。

 このエントリーをはてなブックマークに追加