あの馬油も脇の黒ずみにはデメリットがある

馬油の写真

更新日:2019/02/14

 

馬油は昔からヤケドのケアや保湿剤として親しまれてきた民間薬です。最近ではスキンケアに使うこともすっかり浸透していますね。

 

馬油は医薬部外品のように効果が証明されているわけではないにしろ、口コミで様々な効果が実証されています。

 

そんな馬油で脇の黒ずみが治るかというと、黒ずみを治す効果は期待できます!

 

ただ、市販の美白美容液などに比べれば時間がかかるし、わき毛が増える可能性なんてデメリットもあるんです。

 

それを踏まえたうえで馬油を使った脇の黒ずみのケア方法やおすすめの馬油を紹介するのでぜひ参考にしてみてください。

馬油で脇の黒ずみが治る根拠

脇の黒ずみの写真

馬油は高い浸透力と保湿力が魅力のクリームです。

 

馬油自体に美白作用はありませんが、馬油を使って脇をマッサージすることで血行が促進され、新陳代謝が上がることで黒ずみを外に排出してきれいな脇を目指すことができます。

 

また、馬油には炎症を鎮める効果もあります。

 

脇の黒ずみはカミソリや毛抜きによる肌の炎症が治るときに色素沈着して黒くなることも多いので、事前に炎症を鎮めることができれば黒ずみにもなりにくいということです。

馬油を使った脇の黒ずみケア方法

  • 馬油をたっぷり指に取る
  • 脇の部分に塗り円を描くように1分間マッサージ

やり方はこれだけなのでとっても簡単!

 

もし余裕があれば馬油を塗る前に重曹パックも試してみてください。

 

重曹パックは馬油の血行促進効果だけでは取り切れない、脇の汚れを落とす効果が見込めます。

  • 重曹と水を1:1で混ぜる
  • それを脇に塗る
  • 10分放置
  • 洗い流して馬油で保湿する

これでただ馬油を塗るだけよりもキレイな脇になる可能性がグーンと上がります。

 

重曹パックは刺激もあるので週に2回くらい、馬油は毎日(できれば朝晩)塗るようにしましょう。

しかし馬油には「育毛効果」というデメリットも

馬油には正式には認められていないものの「髪の毛が増えた」なんて口コミがあるのも事実です。

 

これは馬油の保湿力と血行促進作用で頭皮の環境が良くなり、結果的に毛が生えやすい状態になったというものでしょう。

 

つまり、脇に馬油を塗って血行が促進されるとわき毛が長くなる、濃くなると言った効果が出てしまう可能性もあるということ…。

 

もちろん皆が皆、馬油でわき毛が増えるわけではないので、もし馬油を使ってからわき毛が濃くなったら使用を中止するくらいの気持ちで良いと思います。

脇の黒ずみにはどんな馬油を選べば良い?

馬油を手に塗った写真

脇の黒ずみに使う馬油は

  • 液状よりもクリーム状の方が使いやすい
  • 馬油100%の方が効果は見込める
  • 美白成分が入った馬油化粧品もあり

といった基準で選ぶと良いと思います。

 

例えば馬油と言えばソンバーユと言われるくらい有名なソンバーユなんかも良いと思います。ソンバーユは日本で初めて馬油を化粧品として販売して今でも人気のある馬油です。

 

若馬の油なんかは未精製の馬油を使用した珍しい馬油で、精製済の馬油よりも栄養素をたっぷり含んでいます。肌が強い人は未精製もおすすめ。

 

あとは咲ら化粧品の馬油なんかは馬油にビタミンCなどの美白成分を配合した化粧品です。ちょっと高いけど私は美白成分が好きなのでアリだと思いました。(でも美白成分入りなら馬油じゃなくても良い気もする)

おまけ:馬油には脇の臭いを予防する効果もある

これも効果は証明されていないシリーズですが、口コミなんかを見ていると馬油で脇の臭いが消えたなんて意見が結構あるんです。

 

馬油は殺菌…というよりは菌を閉じ込める働きがあるので、脇の臭いが発生しにくくなるんですって!

 

なので、脇の黒ずみ対策にも良いですが、ワキガ予防にも良さそうです。

 

ああ、これでワキ毛が増えるデメリットさえなければ…(笑)

馬油で脇の黒ずみが治らなかったら美白成分に頼ろう

馬油の血行促進効果によって黒ずみが外に排出されるまでかかる期間はだいたい1ヶ月〜3ヶ月です。

 

例えば3ヶ月毎日馬油を塗っても黒ずみが一向に良くならない場合はメラニンが色素沈着してしまっているのかもしれません。

 

そうなったら血行促進だけでは厳しいので美白有効成分の入った化粧品に頼りましょう。

 

全部位OK!黒ずみケアクリーム21個をランキングで一挙比較こんな記事も書いていますが、私の膝の黒ずみも美白化粧品で治せたので、もし馬油でダメだった場合は検討してみてください!

 このエントリーをはてなブックマークに追加