脇に黒ずみと赤みが起こることは良くある!

脇の黒ずみの写真

更新日:2019/02/14

 

脇によくあるトラブルと言えばワキガと黒ずみ。そして次に多いのが赤みなんですね。

 

中でも脇の黒ずみと赤みは同時に起きることも多く、どうやってケアすれば良いか悩んでいる人も多いんです。

 

でも、黒ずみと赤みの原因を知れば正しいケア方法も見つけることができますよ!

 

脇の黒ずみと赤みにはいくつかの種類があるので、ちょっと難しい話になるかもしれないですがぜひしっかり読んで黒ずみと赤みを解消していってください。

まず脇の黒ずみは5種類ある

最初に黒ずみから。脇の黒ずみは下の表のように5つあります。

脇の黒ずみの種類 特徴
古い角質による黒ずみ 

皮膚がガサガサしている
少し分厚い気がする

メラニンによる黒ずみ

ぼやっとくすんだような黒ずみ
カミソリの跡にできやすい 

皮脂などの汚れによる黒ずみ

古い角質と似ている
洗うと落ちる 

毛穴の詰まりによる黒ずみ 毛穴に角栓が詰まっている 
埋没毛による黒ずみ 毛穴の奥に毛がある

そして赤みが出やすいのが下の表です。

脇の黒ずみの種類 特徴 赤みの出やすさ(MAX5)
古い角質による黒ずみ

皮膚がガサガサしている
少し分厚い気がする

1
メラニンによる黒ずみ

ぼやっとくすんだような黒ずみ
カミソリの跡にできやすい

4
皮脂などの汚れによる黒ずみ

古い角質と似ている
洗うと落ちる

0
毛穴の詰まりによる黒ずみ 毛穴に角栓が詰まっている 2
埋没毛による黒ずみ 毛穴の奥に毛がある 3

脇の皮膚に黒ずみと赤みが同時に出たらほぼメラニンによる黒ずみと炎症による赤みだと思って良いです。

 

脇の毛穴が黒ずんでいる場合で赤みがある場合は角栓か埋没毛による黒ずみと併発している可能性があります。

 

ここは後半でもう少し詳しく解説しますね。

脇の赤みの種類と原因

毛抜きの写真

脇に赤みが出るのは「炎症」によるものです。

 

まず脇の皮膚に赤みがある場合は

  • あせもに近いもの
  • 掻きむしり跡
  • カミソリの跡

などが原因の炎症による赤み。

 

脇の毛穴が赤い場合は

  • 角栓詰まりによるもの
  • 埋没毛によるもの
  • カミソリによって毛穴が傷ついた
  • 毛抜きをしている

などが原因の炎症による赤みです。

 

心当たりはありませんか?

 

基本的に炎症は原因となる行動をやめればおさまるので、赤みは自然に消えていくことが多いです。

赤みがあとで黒ずみになる!?

先ほどの表で赤みと黒ずみが同時にある場合はメラニン黒ずみだと言いましたね。

 

これは炎症によってできた赤みが、繰り返しできることで色素沈着をしてメラニン黒ずみができてしまうためです。

 

つまり赤みができてから黒ずみができてしまうということ。

 

なので、赤みを予防することは黒ずみを予防することにもつながるのです。

黒ずみは放っておいても治りにくい

赤みは炎症を起こす原因をやめれば治っていくことが多いですが、赤みから黒ずみに変わった場合は放っておいてもなかなか治りません。

 

しかも今同時に赤みと黒ずみがあるなら早急にどっちもケアしていかないとどんどんひどくなってしまいます。

 

そんなときは美白成分と炎症を抑える効果を持つクリームを塗っていきましょう。

 

全部位OK!黒ずみケアクリーム21個をランキングで一挙比較この記事で紹介している黒ずみクリームはほとんどが美白成分にプラスしてグリチルリチン酸ジカリウムなどの炎症を抑える成分が配合されています。

 

まさに黒ずみと赤みを同時に治すにはピッタリのクリームばかりなのでぜひチェックしてみてください。

脇の赤みを予防して黒ずみも予防する

泡立てた石鹸の写真

脇の赤みを予防する方法をいくつかご紹介します。

 

まず皮膚に赤みが出た場合は

  • ゴシゴシ洗いすぎている
  • カミソリの刺激が強すぎる

などが考えられるので洗い方が強すぎる(脇の皮膚が弱い)場合は泡立てた洗顔フォームなどで洗うようにします。

 

カミソリが原因の場合はシェービングジェルを使うようにしたり刃が脇に当たらないような電気シェーバーを使うようにしましょう。

 

脇の毛穴に赤みが出た場合は

  • 角栓によって毛穴に炎症を起こしている
  • 埋没毛によって毛穴に炎症を起こしている

などが考えられます。

 

これはニキビと似たようなものなのでオロナインやアットノンを塗るのもアリです。

 

アットノンは本来は傷跡を目立たなくする薬ですが、赤み(炎症)を抑える効果も持たせてあるので赤みだけを抑えるにはもってこい!

 

炎症がおさまった後に

  • 角栓ならクレンジングで毛穴を洗う
  • 埋没毛ならピーリングをして皮膚を薄くしてから毛抜きで埋没毛を抜く

などでキレイになります。

 

角栓つまりは定期的にケアすることが重要で、埋没毛は毛抜きの失敗が原因なのでムダ毛処理方法を見直しましょう。

脇の黒ずみと赤みの原因は様々だけどしっかり見極めよう

今回は脇の黒ずみと赤みの原因を考えられるだけ紹介したので少し複雑になってしまいましたが、どれかしら当てはまるものがあったと思います。

 

黒ずみも赤みもすぐに良くなることはないですが、根気強くケアしていけば必ずキレイになります。

 

また、焦って過度にケアしても逆効果なので、あきらめずにじっくりケアしていきましょう。

 このエントリーをはてなブックマークに追加