脇の黒ずみは尿素が必要?

 

脇,わき,黒ずみ,尿素

 

脇の黒ずみに悩んでいて解決法を模索していると「尿素」が思いつくことがあります。尿素は簡単に言ってしまえばピーリングの一種なので、肌をツルツルにするには効果的ですが、黒ずみ解決にはあまり向いていません。

 

ただし、全く使えないということはないので、尿素で脇の黒ずみをケアする方法や、もっとおすすめな方法などを紹介していくのでぜひ参考にしてみてください。

 

尿素は簡単に言うとピーリング

 

脇,わき,黒ずみ,尿素

 

ものすごく簡単に言ってしまっていますが、尿素はピーリングです。尿素はもともと人間が持っている物質なために肌への相性が良いので、一般的なフルーツ酸よりも肌に優しいという特徴があります。

 

もちろん尿素の濃さにもよりますが、うすめの尿素であればトラブルが起こることもなく使用することができるでしょう。

 

尿素ピーリングでは脇の黒ずみは治らないの?

 

脇,わき,黒ずみ,尿素

 

脇の黒ずみはメラニンという物質が集まってできています。このメラニンは目で見れば肌の表面にあるように思えますが、実は肌の奥から表面までずっと続いているのです。

 

対して尿素でピーリングをおこなった場合は肌の表面にしか効果がありません。いくら尿素をつかっても肌の奥の黒ずみ(メラニン)には届かないので、なかなか尿素だけでケアするのは難しいと言えます。

 

尿素はどちらかというとごわついた肌に使うもの

 

ただし、くるぶしやカカトのようにガサガサになっている黒ずみには効果がある場合があります。これを言うと少しややこしくなってしまうのですが、脇の黒ずみはそんなにガサガサじゃないですよね?

 

ですから、脇の黒ずみに尿素は使う必要がないと思っていただいてよいでしょう。

 

脇の黒ずみをケアするならメラニンに有効な成分を届ける

 

脇,わき,黒ずみ,尿素

 

尿素を塗ってピーリングのように使うのは少しだけ刺激があります。今までに尿素を使ったことのある人はわかると思いますが、少しだけピリピリしますよね。

 

脇の黒ずみは基本的にカミソリの刺激や摩擦と言った様々な「刺激」が原因でできてしまっているので、尿素もその刺激の一端を担ってしまうと考えれば、避けたほうが無難です。

 

ですから、正しく上手にケアするためには「なるべく刺激を起こさない方法」が最も適しています。

 

脇の黒ずみは黒ずみクリームでケアする

 

医薬品やレーザーを使って治療することもできますが、自分で手軽にできるのは黒ずみクリームです。例えばプラセンタやビタミンC誘導体、トラネキサム酸などは厚生労働省が認可している成分なのでメラニンに有効です。

 

また、脇ということで黒ずみと同時にどうしても気になってしまう「匂い」のケアをおこなうこともできるクリームもあるので、そこは自分にどんなクリームが適しているのか比較しながら検討してみてくださいね。

 

関連記事:脇の黒ずみをケアするのにおすすめのクリーム3選!

 

脇の黒ずみに尿素は必須ではない!自分に合ったケア方法を

 

脇,わき,黒ずみ,尿素

 

脇の黒ずみのために今から尿素を買うのは少し待った方が良いかと思います。すでに持っている場合は塗ってみても良いかと思いますが、先述した通り、肌の奥の黒ずみは尿素だけではケアできません。

 

どうか自分に合った方法で上手にケアして、理想の脇を手に入れていってください。