肘の黒ずみに重曹ケアは使えるのか?

 

重曹を使った黒ずみケアが人気ですね。事実、私も実践者であります。

 

肘,ひじ,黒ずみ,重曹,効果

 

この重曹の正しい使い方も含め、肘の黒ずみに効くのかどうか、やる価値はあるのかどうかを見ていきましょう。

 

 

肘の黒ずみに重曹の使い方

 

重曹は泡立てた石鹸に混ぜて使います。ボディソープでも可能ですが、なるべく刺激の少ない物を選びます。この時重曹は掃除用の物ではなく、食用の物を選びます。

 

重曹はひとつまみでOKです。こんな感じになります。

 

肘,ひじ,黒ずみ,重曹,効果

 

これを肘につけて優しくこすります。終わったら保湿ケアをして完了です。頻度は週に1〜2回が理想です。やりすぎてもやらな過ぎてもいけません。

 

実際、効果はあるの?

 

これはどんな原理で黒ずみがなくなるのかを理解したほうが早いかもしれませんね。重曹を使ったこのケア方法はスクラブに似ています。重曹の粒子で肘の古い角質を落としているんですね。そうすることによって徐々に肘の角質が新しくなっていきます。

 

肌は何層にも重なってできています。この重なった層はターンオーバーによって1枚ずつ新しくなっていきます。黒ずみの原因は実は肌の奥に存在しています。この奥にあるメラニンという黒ずみの原因を外に出して排出することで黒ずみを排除しようというのが重曹ケアの真の目的です。

 

あゆみ先生はこれで良くなったの?

 

残念ながら私は途中で挫折してしまいました。なんと言っても時間がかかります。手作りでやっているので、プロが作ったスクラブ剤と違って分量もまちまちですし・・・。この方法でケアしていくのであれば数カ月は続けなければなりません。

 

実はデメリットもあるんです

 

肘,ひじ,黒ずみ,重曹,効果

 

この重曹ケアにはデメリットもあります。それは重曹が入った泡で洗うことによる刺激でまた新たな黒ずみができてしまうことです。これに気付いた瞬間に私は重曹ケアをやめました。

 

どういうことかというと、黒ずみの原因は服の擦れなどが関係しています。服が擦れただけで黒ずみができてしまうのに、重曹でこするなんて恐ろしいと思いませんか?そういうわけで少しでも刺激になる可能性のある方法はやめてしまいました。

 

もしこの方法でケアしていくのであればやはり頻度をなるべく少なくすることと、普段の服の擦れなどを極力減らして、刺激のない生活を心がけることが大切です。根気強く続けられるのであれば重曹は数百円ですのでコスパはいいです。
注意点を理解して使うようにしましょう^^