肘の色素沈殿を治したい!!

 

肘,ひじ,黒ずみ,色素沈殿

 

肘の黒ずみ=色素沈殿とわかっているあなたは相当頭が良いですね。私はそこにたどり着くまでにいろいろ調べましたから( ;∀;)

 

しかし色素沈殿だとわかっているなら解決法はすぐそこです。この記事で解決できるはずなのでじっくり読んでみてください。

 

 

色素沈殿はメラニンの集まり

 

肘,ひじ,黒ずみ,色素沈殿

 

これもわかっているとは思いますが、色素沈殿はメラニンの集まりです。細かい原因は人によって違いますが、大きな原因としては刺激です。この刺激には紫外線や圧力や擦れも含まれます。

 

まずは自分で黒ずみを作ってしまっている行動をやめることから始めます。これはいくらケアしても次々新しいメラニンが作られては意味がないからです。そこまでできたら次はケアです。

 

色素沈殿してしまっているということはターンオーバーが正常に働いていないことが原因です。なので、ターンオーバーを促進してあげれば解決できます。

 

確実なのは皮膚科です

 

皮膚科で出してもらえる薬はハイドロキノンとトレチノインですが、これはメラニンを還元したりターンオーバーを促進させる強力なお薬です。副作用もあり、医師の処方箋なしでは買えないくらいですが、効果は確かです。

 

病院に行きたくない場合

 

病院に行きたくない場合は黒ずみ用のクリームを使います。色素沈殿は皮膚の中の角質の層にメラニンが溜まってしまっているのでそれを押し出す必要があります。

 

なので、有効成分である水溶性プラセンタが含まれたクリームがおすすめです。
こちらの記事後半に比較表があります。

 

スクラブやピーリングはしない

 

肘,ひじ,黒ずみ,色素沈殿

 

黒ずみクリームを使って治す場合にはスクラブやピーリングは必要ありません。スクラブやピーリングは肌表面の角質を落とすことには特化していますが、肌の奥のメラニンには届きませんし、その刺激でまたメラニンが作られてしまうからです。

 

クリームを使えばそのような刺激のデメリットが無いので、わざわざデメリットのある方法を足さなくて大丈夫です。

 

根気強く続けて綺麗な肘を目指そう!

 

色素沈殿とわかっているならケア方法は1つです。ターンオーバーを促進する成分と、メラニンを作らせない成分を持ったクリームを塗る!これだけです。皮膚科に行ってお薬を貰うか、自分で買うかの違いです。

 

あとは根気強く続けていくだけですので途中であきらめることなくケアしていきましょう。ターンオーバーの周期は28日なので、最低でも1か月続けてみてどうなったか観察してみてくださいね。