尿素を知ろう!

 

肘,ひじ,黒ずみ,ケア,尿素

 

今回は肘の黒ずみに尿素の効果があるのかどうか見ていきたいと思います。まず尿素のこと、ちゃんとわかっていますでしょうか??知ってる人は復習、知らない人は勉強です^^

 

 

尿素とは?

 

肘,ひじ,黒ずみ,ケア,尿素

 

尿素は漢字のせいでなんだかちょっと汚い物のように思えてしまいますが、肌にもともと存在している天然の保湿成分です。そして黒ずみに良いかも・・・と噂されているのはこの保湿効果ではなく、古い角質を溶かす作用があるからなんです。

 

つまりですね、ケミカルピーリングみたいなものなんです。それだけ聞くと良い感じのような気もしますが、実はそうでもなくて、尿素の角質溶解作用は非常に弱いので尿素クリームでケアしていくにはかなりの時間がかかります。

 

膝の黒ずみにピーリングはおすすめしません!そのわけとは?この記事でピーリングについては詳しく書いていますが、AHAなどのケミカルピーリングですらかなりの時間がかかるので尿素だけで黒ずみと戦うには少々分が悪いです。

 

”刺激を極力与えない”のが黒ずみケアの基本だということはお伝えしてきましたが、尿素の力はあまりにも弱いのでなにか別のものと併用したほうが良いかもしれませんね。

 

時間をかければ治るのか?

 

肘,ひじ,黒ずみ,ケア,尿素

 

そもそもの問題ですが、時間をかけて尿素クリームで治るかと言えば微妙です。メラニンは刺激を与えるたびに作られていきますし、肘は乾燥も多いです。

 

もし仮に尿素クリームで治したい場合はターンオーバーによってメラニンを含んだ角質を表面に出してからじゃないと意味がないのでターンオーバーを活発にする必要があります。

 

ターンオーバーを活発にする方法はいくつかありますが、活発にしながらそのターンオーバーで黒ずみを治すクリームがあるので今から尿素を買うくらいならそのクリームを買った方がコスパはいいですよ^^

 

気になる方は私のレビューなど参考になさってみてくださいね。
薬用アットベリーを実際に使った体験談とレビュー