肘の黒ずみをレーザーで治す。

 

今日は珍しく民間療法ではなく、病院でのレーザーに関する情報をシェアしていきますね。お金と時間に余裕がある方はレーザー治療もアリかと思いますが、いくつかの注意点と料金相場を書きます。

 

 

まず、病院でレーザーでの黒ずみ治療ってどんなもの?

 

肘,ひじ,黒ずみ,ケア,レーザー

 

病院によって違いはありますが、多くは3つの手順を踏みます。

 

1、塗り薬
2、レーザー
3、サプリ

 

それぞれについて見ていきましょう。

 

1、塗り薬

 

塗り薬とレーザーを同時に行っていく病院は多いようです。塗り薬に関してはハイドロキノンやビタミンC、A、Eなどが一般的です。

 

ハイドロキノンは強い美白(?)作用を持ちますが、お医者さんが処方するなら問題ないでしょう。ビタミンはターンオーバーを促進させるものが選ばれていますね。

 

料金は症状や継続日数によりますが、5000円から10000円が目安です。

 

2、レーザー

 

多くは、肌にできたメラニンに反応するレーザーを使用してメラニンを破壊します。破壊されたメラニンはターンオーバーによって押し出され、美白を目指します。2〜3週間に1回照射することが多いようです。

 

こちらも1回5000円から10000円ですが、繰り返さないと良くならない為、総額は3万円〜といったところでしょう。治るまでに個人差があるので人によって値段も違います。

 

3、サプリ

 

主に新陳代謝を活発にする成分を含んだサプリが出されます。ビタミンAや亜鉛ですね。病院によって値段は違いますが、2000円から4000円と言ったところです。

 

レーザー治療の注意点

 

肘,ひじ,黒ずみ,ケア,レーザー

 

注意点と言うかデメリットです。

 

まずは料金が高いこと。それから何度も病院に通う必要があるため、意外と時間がとられること。なので最初に言ったようにお金と時間に余裕のある方でないと続かないかもしれません。せっかく高いお金を払って行くのに続かないでは悲しすぎます。

 

また、レーザー治療は黒ずみを消すために行いますが、メラニンを含んだ肌細胞を破壊するほどの力をもつので、人によっては炎症を起こしたり、逆にレーザーの刺激で黒ずんでしまう場合があります。

 

この辺をわかったうえで各クリニックでまずはカウンセリングをしてもらい、計画的に進めていくのが良いでしょう。

 

ご利用は計画的に♪←