肘の黒ずみをオリーブオイルでケアする

 

肘,ひじ,黒ずみ,オリーブオイル

 

オリーブオイル良いですよね。今でこそ私髪の毛にアルガンオイルを使っているのですが、アルガンオイルを使う前はオリーブオイルを使っていました。

 

オリーブオイルはポリフェノールを豊富に含んでいるので抗酸化作用であったり、保湿をしてくれたりと様々な効果をもたらしてくれるのに天然由来で肌に良いオイルとして人気です。

 

今回はそんなオリーブオイルに肘の黒ずみを治す力があるのかといくつかのメリットデメリットを紹介したいと思います。

 

 

オリーブオイルで良くなるのは乾燥

 

肘が乾燥していると刺激を受けやすくなって黒ずみやすくなります。それから乾燥肌自体が黒く見えることもありますね。その場合はオリーブオイルが有効で、もともと保湿オイルとして人気の高いものなので上手に使うことで改善が可能です。

 

しかし、黒ずみはもっと根本的な所にあります。それが肌の奥にあるメラニンです。オリーブオイルにはこのメラニンに作用する力はないので、オリーブオイルだけで完璧に治すのは難しいと言えます。

 

オリーブオイルのメリット

 

なんと言ってもメリットは高い保湿力です。それから天然成分なので肌に優しいという点でも優れています。

 

オリーブオイルのデメリット

 

オリーブオイルに大量に含まれるオレイン酸は、乾燥している場合には良い働きをしてくれますが、そこまで乾燥していない状態で使うと余ったオレイン酸が悪い働きをしてしまいます。

 

オレイン酸は不飽和脂肪酸の一種ですが、不飽和脂肪酸はなにか別の物とくっつきやすいという性質を持っています。なので、特段乾燥していない場合に塗ると、余計な物とくっついて肌の酸化を早めることになってしまうのです。

 

黒ずみというより乾燥ケアです

 

肘,ひじ,黒ずみ,オリーブオイル

 

肘の黒ずみには乾燥はタブーです。しかし乾燥を無くせば黒ずみが消えるというわけではありません。

 

黒ずみ=メラニン
オリーブオイル=保湿
メラニンの解決法≠保湿

 

という式ができます。

 

黒ずみの治し方は肌の生まれ変わりであるターンオーバーと、メラニン自体を抑えることです。この2つと同時に保湿してあげることで真の黒ずみ解消法になります。

 

ターンオーバーはビタミンCが良いですね。実はオリーブオイルにもビタミンCが含まれています。しかしビタミンCの量で言うとアルガンオイルには負けてしまいます。もしターンオーバーを”オイルで”促進させたいのであればアルガンオイルもオススメですよ。

 

その際に精製と未精製がありますが、精製のほうを選んでください。黒ずみには刺激が良くないのでより不純物がない精製されたオイルの方が無難です。

 

結論:黒ずみにオリーブオイルは役不足

 

肘,ひじ,黒ずみ,オリーブオイル

 

オリーブオイルは私も本当に大好きです。食べても塗っても体に良いですからね。ただ、黒ずみを治すという観点から見るとすこし弱いです。

 

でも弱いというだけで意味がないというわけではありません。黒ずみ専用のクリームには劣りますが、ゆっくり時間をかければオリーブオイルでも良いです。

 

メラニンを抑えることができないので、そこは自分で意識して服との擦れを無くしたり、肘をつかないようにしたりしてなるべく刺激を抑えるようにし、根気強くケアしていくことで改善が可能ですので諦めずに頑張りましょう!