アットベリーとイビサクリームを比較しました!

薬用アットベリー,イビサクリーム,比較

更新日:2019/01/08

 

たくさんある黒ずみクリームの中で、アットベリーとイビサクリームに絞ったは良いけど、どっちが良いだろう?と迷ってしまいますよね。

 

この2つで迷うということはきっと使いたいのはデリケートゾーンの黒ずみだと思います!もちろんアットベリーもイビサクリームもその他の黒ずみにも使うことはできますけどね♡

 

アットベリーとイビサクリームは数ある黒ずみクリームの中でもかなり良いクリームなのでどっちか決めるのは難しいです(!)

 

 

私は迷った結果2つ買っちゃいました(笑)


 

ただ、私は2つ買いましたが、正直どっちかで良いと思っています。

 

どっちも使ってみてどっちもおすすめできるクリームだとは思っていますが、しっかりと比較していくとコスパなどに差が出てくるので、ぜひ参考にしながら自分に合うクリームを選んでみてください。

アットベリーとイビサクリームの公式サイトを比較

 

スマホだと2つの公式サイトを見比べるのは大変なので、どちらも置いておきますね。

 

薬用アットベリー,イビサクリーム,比較https://menina-joue.com/(アットベリー公式サイト)

 

薬用アットベリー,イビサクリーム,比較https://ibizabeauty.net/(イビサクリーム公式サイト)

 

といっても2つをガッツリ読むとかなり時間がかかるので、私なりにそれぞれの特徴をまとめていきます。

 

まずはアットベリーとイビサクリームの特徴を比較

 

 

アットベリー

イビサクリーム

見た目

有効成分

水溶性プラセンタエキス
グリチルリチン酸2K

トラネキサム酸
グリチルリチン酸ジカリウム

期待できる効果

メラニンの生成を抑え、シミやそばかすを防ぐ
ニオイケア

メラニンの生成を抑え、シミやそばかすを防ぐ
容量 60g 35g
値段

単品:6800円
定期初回:2980円
定期2回目:5440円

単品7000円
定期:4470円
2本定期:8800円

定期購入お約束 2回 2回
返金保証 180日 28日
容器 ジャータイプ チューブタイプ
@コスメ口コミ数

429件
☆5.5

90件
☆4.8

 

この表だけで考えると容量やコスパ、口コミの数ではアットベリーが上回りますね。

 

 

値段はほぼ同じだけど量が倍違うからコスパは2倍の差ってこと!


 

黒ずみをケアするという点だけ見ればそれぞれ有効成分にプラセンタ、トラネキサム酸が入っているので問題ないです。

 

アットベリーはデリケートゾーンの黒ずみにも使えるように低刺激で作られていますし、イビサクリームはデリケートゾーンの黒ずみ用なので、どっちもデリケートゾーンの黒ずみに使えます。

 

アットベリーとイビサクリームのコスパを比較

薬用アットベリー,イビサクリーム,比較

 

アットベリーもイビサクリームも単品は約7000円とあまり差がありません。

 

定期購入の場合、どちらも最低継続の2回分で計算すると、

 

  • アットベリー:1回目2980円+2回目5440円÷2=4210円
  • イビサクリーム(クレジットカード):1回目4470円+2回目4970円÷2=4720円
  • イビサクリーム(コンビニ後払い):1回目4970円+2回目4970円÷2=4970円

 

なのでクリーム1つあたりの値段はそこまで大きく違うということはありません。(イビサクリームはクレジットカード払いじゃないと若干高くなります。)

 

ただし、内容量が全然違うので1gあたりの値段を計算すると大きな差が生まれます。

 

アットベリー:4210円÷60g=1gあたり70円
イビサクリーム:4720円÷35g=1gあたり134円

 

 

約2倍違う!


 

定期購入で買った場合にかかる金額まとめ

 

仮に最低継続だけで解約するとすると、

 

  • アットベリー:2回で8420円
  • イビサクリーム(クレジットカード):2回で9440円
  • イビサクリーム(コンビニ後払い):2回で9940円

 

ということなのでコスパ重視のクリームで黒ずみをケアしたい人はアットベリーがおすすめです♡

 

 

アットベリーとイビサクリームの口コミ数で比較

 

見てみたのはアットコスメだけですが、結構な差がありました。

 

  • アットベリーが429件
  • イビサクリームが90件

 

 

アットコスメの口コミはモニターでもらった人がしていることも多いからすべてが参考になるわけではないけどね!


 

ただ、数は違えどもどちらもしっかりとした口コミもあるので、ここは同点とします!

 

アットベリーとイビサクリーム2つを使った感想で比較

薬用アットベリー,イビサクリーム,比較

使い心地的にはどちらも悪くなかったです。変なニオイもしないし、伸びも良い、しっかり保湿できてる感じもするし。

 

ただやっぱり量が全然違うので、塗る場所や量によってはアットベリーの方が倍くらいもちました。

 

黒ずみ改善には保湿も大切なので、たっぷり塗ることができるアットベリーの方が私は好きでしたね。

 

薬用アットベリー,イビサクリーム,比較薬用アットベリーを実際に使った体験談とレビュー

 

薬用アットベリー,イビサクリーム,比較イビサクリームを実際に使用してレビュー!コスパや使い心地

 

アットベリーとイビサクリームを成分から比較

 

黒ずみを早く治すためには、「メラニンの生成を抑える」「ターンオーバーを促進する」の2つの効果があると良いです。

 

メラニンの生成を抑えるだけだと新しい黒ずみはできにくくなりますが、今ある黒ずみには効果が薄いですよね。

 

ターンオーバーを促進できれば今ある黒ずみも外に排出できるので、この2つの効果が期待できるクリームを選ぶのがカギです。

 

イビサクリーム

 

イビサクリームはメラニンを抑えることと保湿することに重きを置いたクリームになります。トラネキサム酸はメラニンの生成を抑える効果が期待できますが、プラセンタのようにターンオーバーを促進させる効果は期待できないです。

 

よってトラネキサム酸は黒ずみを予防するのに効果的な成分と言えます。

 

つまりイビサクリームはメラニンを抑えて、たっぷり保湿し、時間をかけて黒ずみをケアしていくクリームということになります。

 

アットベリー

 

アットベリーはターンオーバーを促進させることと保湿に重きを置いたクリームになります。

 

有効成分のプラセンタはターンオーバーの促進をサポートしてくれるので今あるメラニン黒ずみを外に追い出してきれいな肌を目指します。

 

メラニンを抑える効果が有効成分じゃない点でトラネキサム酸より劣りますが、予防というよりは黒ずみ改善を目指したクリームと思ってよいと思います。

 

つまりアットベリーは、たっぷり保湿しターンオーバーを活発にさせることで黒ずみをケアしていくクリームになります。

 

⇒アットベリーについてより詳しく書いた記事

 

 

ちょっと難しいねココ。


 

ターンオーバーは年齢とともに徐々に活発じゃなくなっていくので、若い人ほどイビサクリームでも良くて、歳を重ねるごとにアットベリーの方が良いかなという考え方もあります。

 

またそのほかにも生活習慣や乾燥具合でもターンオーバーは遅くなっていきます。

 

ターンオーバーに自信があればイビサクリーム!
薬用アットベリー,イビサクリーム,比較https://ibizabeauty.net/(イビサクリーム公式サイト)

 

メラニン黒ずみを作らない努力ができる人はアットベリー!
薬用アットベリー,イビサクリーム,比較https://menina-joue.com/(アットベリー公式サイト)

 

というのも1つの選び方かなと思いますね♡

 

余談:デリケートゾーンに黒ずみを作らない努力とは

  • カミソリや毛抜きでムダ毛をそらない
  • 下着はサイズの合ったものを
  • 摩擦のおこる服を着ない
  • 自転車にあまり乗らない

 

容器はイビサクリームの方が良い

薬用アットベリー,イビサクリーム,比較

容器の清潔さでいえば私はイビサクリームの方が好きです。

 

 

チューブタイプの方が衛生的!


 

アットベリーのようなジャータイプは指ですくうと雑菌が繁殖する可能性が高いのでスパチュラを用意する必要があります。

 

ただ、デザインで言うとアットベリーの方が好きかな♡

 

イビサクリームは白金なのでちょっと若い(笑)

 

アットベリーとイビサクリームその他の比較

 

そのほかちょっとだけ細かい部分を比較していきます!

 

成分の運搬

 

クリーム系の商品は肌の中にしっかり届くように工夫されている場合があります。

 

アットベリーは成分をナノ化しているのでより成分の運搬に力を入れています。

 

イビサクリームはその点についてはノータッチ。

 

ここではアットベリーに軍配が上がります。

 

実際の店舗

 

アットベリーは通販専門の化粧品ブランドmenina joue(メニーナジュー)が販売しています。

 

イビサクリームには東京にあるibiza Waxというブラジリアンワックス脱毛サロンがあります。

 

やっぱり実店舗があると心強いので、ここはイビサクリームの勝利。

 

アットベリーとイビサクリームの解約方法、返金保証を比較

 

最終的にアットベリーやイビサクリームを使って黒ずみが良くなったとして、大切なのは解約方法ですね。

 

また、効果がなかった場合はせっかくの返金保証も使わないともったいないです。

 

  • アットベリーの解約・休止方法:電話かメールで伝える
  • イビサクリームの解約・休止方法:電話かメールで伝える

 

解約や休止に差はありません。

 

返金保証、返金方法

  • アットベリー:180日
  • イビサクリーム:28日

まず日数の違いはしっかり覚えておきましょう。

 

また、返金できるのはどちらも最初の1個分だけなので注意が必要です。

 

どうしても肌に合わなければすぐに連絡した方が良いですね。

 

アットベリーの場合はサポートに電話連絡すると返金申請書が送られてくるので、そこに必要事項を記入して容器とともに送ります。

 

イビサクリームの場合はサポートに電話をして明細書と容器を送ります。

 

どちらも返金を受けるためには必要なものがあるので、念のため容器などはすべて保管しておくと良いと思います。

 

すごい悩むけどやっぱりコスパ重視でアットベリーかな!

薬用アットベリー,イビサクリーム,比較

アットベリーもイビサクリームも本当に良いクリームなので私もいまだに悩んでしまいます。

 

 

どっちも持ってるのにまだ迷う(笑)


 

でも例えば友達が初めて黒ずみクリームを買うのであれば、まずはコスパ重視で試してみてほしいのでコスパの良いアットベリーを勧めると思います。

 

あとデリケートゾーンといえば気になるのがニオイ!アットベリーには有効成分でないにしろニオイケア成分が入っているのでなんだかとってもお得な気分になります(笑)

 

黒ずみはじっくりケアしていかないとすぐに無くなるものではないので、良かったらぜひ試してみてくださいね。

 

 

 

 このエントリーをはてなブックマークに追加