黒ずみにワセリンは意味ない!?実際に使ってみた

ワセリンで黒ずみを消せる!?

 

またしてもネットで話題のシリーズです。今回はワセリンで黒ずみが消せるといううわさを検証してみましょう。

 

膝,脇,ひざ,わき,黒ずみ,ケア,ワセリン

 

ワセリンってアトピーとかの治療用ってイメージがあると思いますが、実は保育園なんかでは頻繁に使っています。その役目は主に保湿です。

 

保湿をすることでターンオーバーを正しくさせることができるので確かに効果は期待できるかも・・・?もう少し詳しく見てみましょう。

 

そもそもワセリンって何?

 

膝,脇,ひざ,わき,黒ずみ,ケア,ワセリン

 

ワセリンは原油を原料に作られています。役割は保湿で、肌の表面でバリアの役割をしてくれます。なので乾燥が気になる場合に肌に塗っておくと水分の蒸発が抑えられて潤います。

 

肌の表面上でのバリアなので根本的な解決とは少し違いますね。

 

用途
ワセリンは原油由来なので天然成分です。その為、ささくれのケアや唇のケア、乳児湿疹のケアなどに使われます。肌表面でバリアしてくれます。

 

種類
白色ワセリンと黄色ワセリンがあります。より精製されている方が白色ワセリンで、精製されていないほうが黄色ワセリンです。敏感肌の方、アトピーの方、乳幼児は精製されている白色ワセリンを使います。

 

黄色ワセリンは精製されていないので不純物が入っています。肌が敏感でない場合はどちらでも大丈夫ですが、黄色ワセリンはメリットがないので今はほとんど売られていません。

 

黒ずみは治るの?

 

膝,脇,ひざ,わき,黒ずみ,ケア,ワセリン

 

結論から言いますと、直接治るというのもではないです。どちらかというと予防くらいにしか使えません。

 

黒ずみのほとんどは刺激によって作られたメラニンが肌に溜まって色素沈殿を起こしています。そのため、黒ずみを治すという意味ではこのメラニンを含んだ角質を排出する必要があります。

 

メラニンを含んだ角質を排出するのはターンオーバーの役目ですが、表面を覆ってバリアしてくれるワセリンはターンオーバーに直接関係ないんです。

 

ということで治すという意味では、ターンオーバーを促進させるか、角質を除去(美容整形)するか、保湿で攻めるなら肌に浸透していく成分を使わないといけませんね。

 

ワセリンは黒ずみになる前の段階で塗っておけば、摩擦による刺激や乾燥を抑えられるので予防には最適です!