膝の黒ずみをヒルドイドでケアできるの?

膝の黒ずみはヒルドイドで良くなる?

 

膝,ひざ,黒ずみ,ケア,ヒルドイド

 

ヒルドイドはアトピーの治療に使われる医薬品です。なので市販では手に入りませんが、家族がアトピーだったり自分がアトピーだったりした場合は持っていることもあるでしょう。

 

アトピーによる色素沈殿に良い薬なら膝の黒ずみにもいいのかな?ということなのでもう少し詳しく見ていきましょう。

 

ヒルドイドの正しい効果とは?

 

膝,ひざ,黒ずみ,ケア,ヒルドイド

 

ヒルドイドの成分はヘパリン類似物質です。

 

ヘパリンの正しい効果とは保湿です。

 

  • 皮膚に水分を補給する
  • 傷の修復
  • 高い保湿力
  • 血行促進作用
  • 血液凝固を防ぐ
  • 鬱血を改善する
  • 傷の治りを早める

という効果があり、アトピーに処方される以外に

 

  • 皮脂欠乏症
  • 進行性指掌角皮症
  • 凍瘡
  • 肥厚性瘢痕
  • ケロイドの治療や予防
  • 血行障害に基づく疼痛と炎症性疾患
  • 血栓性静脈炎
  • 様々な外傷(打撲、捻挫、挫傷)後の腫脹・血腫・腱鞘炎・筋肉痛・関節炎

に使われています。保湿についても種類があるのですが、その中でも水分を閉じ込めるという保湿になります。

 

ところで、黒ずみに良いという噂の出どころはこんなところにあります。「傷跡を治すアットノンとヒルドイドはどちらも成分がヘパリン類似物質なのでヒルドイドでも色素沈殿がなおるのでは?」これについて少し見ていきましょう。

 

ヘパリン類似物質で傷跡が良くなる?

 

膝,ひざ,黒ずみ,ケア,ヒルドイド

 

これにはまず、膝の色素沈殿と傷跡の違いを理解しなければいけません。アットノンで良くなるのは、まだ少し赤い傷跡です。完全に完治した傷跡には効きません。

 

これがどういうことかというと、少し赤い傷跡というのは一見治ったようでも肌の奥で炎症を起こしています。アットノンはこの炎症を抑えることで赤みを消し、傷跡を目立たなくしてくれるものです。

 

一方膝の黒ずみというのは炎症を起こしているのではなく、メラニンが溜まっている状態です。つまり、アットノンやヒルドイド(ヘパリン類似物質)でメラニンによる色素沈殿は良くならないということです。

 

メラニンによる色素沈殿を治すためには

 

膝,ひざ,黒ずみ,ケア,ヒルドイド

 

メラニンによる色素沈殿を治すためには3つの大切なことがあります。

 

  • メラニンの生成を抑制する
  • ターンオーバーを促進させる
  • 保湿する

 

この3つを知ってしまえば、ヒルドイドで膝の黒ずみが良くなるわけがないというのがお分かりいただけますね。この3つはどれか1つが欠けてもダメです。どれも同時にこなしていくことで徐々に良くなっていきます。

 

やり方としては、3つそれぞれの役割を持つ化粧品を集めるか、3つの成分を含んでいるクリームを使うかです。私も膝の黒ずみでだいぶ悩んでいましたが、今は3つを同時におこなってくれるクリームで改善できました。

 

膝,ひざ,黒ずみ,ケア,ヒルドイド

 

ヒルドイドでは炎症を抑えたり、保湿しかできない上に、医薬品なので医師の処方がないと使えません。さらに副作用も報告されています。

 

わざわざ効かないケア方法よりも、しっかり理にかなった方法でケアしていくのが良いです。このサイトのレビュー記事で私の膝の写真もありますので参考になさってくださいね^^