膝の黒ずみはハイドロキノンで治せる?知っておきたい注意点

膝の黒ずみはハイドロキノンで治せる?

 

以前肘の黒ずみのカテゴリで肘の黒ずみにハイドロキノンは効く?実は怖い副作用・・・という記事を書きましたが、今回は膝のお話です。

 

膝,ひざ,黒ずみ,ケア,ハイドロキノン

 

ハイドロキノンは医薬品に分類される成分で、昔から医療の現場で使われてきました。その効果は「肌の漂白」と言われるほど強力で、濃度によっては危険性のある成分です。では、そんなハイドロキノンで膝の黒ずみが消せるのか見ていきましょう。

 

ハイドロキノンでメラニンは消える

 

膝,ひざ,黒ずみ,ケア,ハイドロキノン

 

結論から言いますと、ハイドロキノンでメラニンによる黒ずみは消えます。逆に乾燥による角質硬化の黒ずみは消えません。

 

それはハイドロキノンが、メラニンを無かったことにする力を持つからです。メラニンの還元作用と言います。

 

しかし注意してほしいのはココから。

 

膝,ひざ,黒ずみ,ケア,ハイドロキノン

 

ハイドロキノンのメラニン還元作用は良いものの、メラノサイト(メラニンを作る細胞)を破壊してしまうことに問題があります。もともと肌をダメージから守るためにメラニンは作られるので、メラノサイトを破壊することは、肌を守るメラニンが作れなくなってしまうので一概に良いとは言い切れません。

 

その結果白斑が出てしまったり、紫外線にとてつもなく弱くなり、シミができたりする恐れもあります。
参照:ハイドロキノンクリーム -皮膚科で採用されているその効果と副作用

 

ハイドロキノンを使った化粧品もあります

 

膝,ひざ,黒ずみ,ケア,ハイドロキノン

 

メラニンに対する強い作用を持つことから、日本ではその濃度が制限されています。化粧品に含まれるハイドロキノンは1〜3%。医薬品に含まれ、病院で処方してもらうのは5〜10%の濃度になっています。

 

海外性の物を不正に入手すると4〜5%のものも手に入りますが、危険なので絶対にやめましょう。私としては医師に処方してもらうのがオススメです。

 

膝の黒ずみを治すには

 

膝,ひざ,黒ずみ,ケア,ハイドロキノン

 

私がたどり着いたのは[メラニンの抑制→保湿でターンオーバーのリズムを整え、肌のバリア機能を強める→ターンオーバーを促進]という3ステップです。それが一番安全に自分の黒ずみに向き合える方法です。

 

ハイドロキノンでは[メラノサイト(メラニンを作る細胞)を破壊→メラニンを還元]なので最終手段という感じです。先も書きましたが、ハイドロキノンを使った後は異常なくらいUVケアが必要です。

 

そもそもメラニンは肌をダメージから守るために作られます。黒いのが嫌だからと言ってメラノサイトを破壊してしまうのは怖い・・・というのが一般的な考えでしょう。仮にメラノサイトが人間の皮膚から全部無くなったら、紫外線によるダメージで生きていけないと言われています。

 

副作用も恐れず、ハイドロキノンを使った後にUVケアもできるという場合は良いかと思いますが、使う場合は医師に相談して使ってみてくださいね。