膝の黒ずみはトレチノインで改善可能?

膝の黒ずみはトレチノインで治るのか?

 

膝,ひざ,黒ずみ,トレチノイン

 

トレチノインは皮膚科でハイドロキノンと一緒に処方されることの多い、ターンオーバーを促進させるお薬になります。当サイトでイチオシのターンオーバーで黒ずみを治していく方法ですね。

 

トレチノインは強力なビタミンA誘導体です。効果は高いものの副作用などの注意点もありますので合わせて見ていきましょう。

 

トレチノインの効果とは?

 

膝,ひざ,黒ずみ,トレチノイン

 

トレチノインはターンオーバーを促進させる薬です。ターンオーバーを促進させるということは肌の奥に溜まってしまったメラニンを排出できるのでとても有効です。今ではシミや小じわの治療に使われ、皮膚科などで入手可能です。

 

アメリカではすでにしわやシミ、ニキビの治療薬として広く親しまれていますが、日本では医薬品の為トレチノイン自体は医師の処方が無いと入手できません。ということは当然副作用もあります。

 

トレチノインの副作用

 

まず挙げられるのが、肌が赤くなるということ。実際にやってみるとわかりますが、顔なんかに塗ったら外に出られません。それよりひどいと肌が剥がれます。痛々しいです。

 

その為、紫外線や毛剃り、ピーリングなどの刺激は絶対に与えてはいけません。他に催奇性が挙げられます。以前に行われた動物実験で奇形の子供(動物)が生まれました。妊婦さんは絶対に使うべきではありません。

 

実は個人でも輸入できます

 

膝,ひざ,黒ずみ,トレチノイン

 

これらの効果や副作用をしっかり理解しないで、「美白できる」と安易な考えを持ったまま個人輸入で手に入れて重篤な副作用に悩まされるケースも少なくありません。個人輸入できる環境が悪いとも言えますが、この記事を読んだあなたにはそんなことをしてほしくありません。

 

もしトレチノインを使いたいのであればしっかり医師に処方してもらって使いましょう。また、トレチノインほど強力ではありませんが、市販で似たものを入手できます。トレチノインは強力なビタミンAで医薬品ですが、化粧品に含むことができる酢酸レチノール・パルミチン酸レチノール(ビタミンA)などがあります。

 

これらは効果も副作用も100分の1程度ですが、まだ安心して使うことはできます。それでもダウンタイムの心配や刺激への配慮は必要になります。

 

つまりは最終手段

 

膝,ひざ,黒ずみ,トレチノイン

 

つまり、本当に、どうやっても解決しない場合に使う方法になります。ハイドロキノンとトレチノインを同時に処方され、ハイドロキノンでメラニンとメラノサイトを破壊し、トレチノインでターンオーバーを異常なまでに促進させるためです。

 

強力な薬には危険も伴います。例えば私もなかなかの膝の黒ずみを持っていましたが、通販で買える黒ずみクリームで良くなったので、それらを試してもダメな場合に最終手段として考えてみると良いでしょう。