膝の黒ずみはスクラブでケアできる?気を付けないと逆効果!

スクラブと黒ずみの種類を理解しよう!

 

膝,ひざ,黒ずみ,ケア,スクラブ

 

スクラブって結構万能でいろいろ使えそうな気がするけど、膝の黒ずみに使えるのか?気になるところですね。まずはスクラブを知って、そのあと黒ずみの種類をわかっていただくと、おのずと効果があるのかはわかるようになるので順番に説明していきますね。

 

スクラブとは粒子状の物質を肌の上で転がし、研磨するケアのことです。塩スクラブ重曹スクラブもそれぞれの粒子を泡に混ぜて行いますよね。

 

スクラブ用の製品もいろいろ出ています。研磨して使うので、乾燥によって固くなった角質や、古い角質を落とすのには使えます。黒ずみに使えるか?と言うと、黒ずみの種類によるんですね。

 

黒ずみの種類を理解しよう

 

膝,ひざ,黒ずみ,ケア,スクラブ

 

膝の黒ずみには2つの種類があります。1つが「皮膚が厚く、固くなっている」もう1つが「固くも厚くもないのに黒い」

 

まずは自分の膝の黒ずみがどっちなのかを判断しましょう。判断した結果によってスクラブが有効かどうかが決まります。

 

「皮膚が厚く、固くなっている」場合

 

皮膚が厚く、固くなっている場合にはスクラブは有効です!スクラブはもともと削るものなので肌が固くなっていて化粧水などが浸透しにくいときに使うケアなので、この場合はもってこいです。

 

まずは何回か試してみて様子を見るようにしましょう。

 

「固くも厚くもないのに黒い」場合

 

実は膝の黒ずみはこっちのほうが多いです。私もこれです。この場合はスクラブはあまりオススメな方法ではありません。というのもこの場合は肌の奥にメラニンが作られてしまって黒ずんでいます。

 

スクラブで表面をいくら削っても奥のメラニンには届かないため、効果がありません!

 

このメラニンは膝立ちだったり、スキニーパンツの擦れなどが原因で発生しています。そこでさらにスクラブで削ってしまうと、またメラニンが作られるという悪循環になってしまうので注意が必要です。

 

肌はデリケートなのです。

 

正しいスクラブの使い方をご紹介します♪

 

先ほども書いたように、スクラブは刺激になってしまって逆に黒ずみを作ってしまうので毎日やるのは絶対にダメです。でも、上手く使えば早く黒ずみを無くすことも可能です。

 

その為にはターンオーバーを知っておくと良いでしょう。

 

 

膝,ひざ,黒ずみ,ケア,スクラブ
出典:http://www.brehat-sea.com/

 

 

ターンオーバーとは肌の生まれ変わりのことです。メラニンも奥で作られるので、この図と同じようにだんだんと表面に出てきます。

 

そこを狙い撃ちしてスクラブをすればより効率的なケアができるというわけです!

 

この図はかなりターンオーバーが正常な場合ですので、実際はここまで上手くターンオーバーが行われているかは個人差があります。特に最後の、角質が自然に剥がれていく〜は難しく、全員それができてればスクラブなんて必要ないです(笑)

 

要はその最後の部分をスクラブでやってしまおうというのが今回オススメする使い方です。

 

ターンオーバーを正常にするには?

 

ターンオーバーは年齢と共に遅くなっていきます。しかしビタミン類や亜鉛を摂取することによってターンオーバーを正常にすることも可能です。

 

野菜や果物を積極的に摂ると良いですよ^^あとは黒ずみを解消するクリームはターンオーバーを早めることを目的に作られているので、スクラブとクリームのダブルケアをするのも非常に効率的です。

 

刺激を与えないケアをしましょう

 

膝,ひざ,黒ずみ,ケア,スクラブ

 

スクラブは古い角質を落として肌をつるつるにする効果は高いですが、黒ずみを落とすために使うのであればしっかり考えて使わないと効果がありません。

 

口コミなどを見ていると「毎日スクラブをしているのに黒ずみが消えません!」という意見が見られますが、今回この記事で説明したようにターンオーバーとの関係を意識しないと黒ずみに届かず、消えるわけがないんですね。

 

なので絶対に毎日やってはいけません!

 

黒ずみ予防にも改善にもまずは刺激を与えないことが大切なので、せっかくのスクラブが無駄にならないよう、ターンオーバーを意識したスクラブケアを試してみてくださいね^^