脇の黒ずみにハイドロキノンはあり?注意したい副作用

脇の黒ずみにハイドロキノンはアリ!…だけど

 

脇,わき,黒ずみ,ハイドロキノン

 

脇の黒ずみにハイドロキノンを使おうと思うのは素晴らしい発想です。ハイドロキノンは脇の黒ずみのように「メラニン」に対する効果が絶大で、現状塗り薬では最強のアイテムと言えます。

 

ただし、効果が高い薬には必ず副作用があり、何も考えずに塗ってしまうと痛い目にあってしまうことがあるので、脇にハイドロキノンを使う前にぜひ一読しておいてください。

 

ハイドロキノンは効果大だけど副作用も大

 

脇,わき,黒ずみ,ハイドロキノン

 

ハイドロキノンは昔写真の現像に使われていた成分で、現像屋さんの手が真っ白になったことで発見されました。それに目をつけた化粧品メーカーが美白アイテムとしてハイドロキノン入りのクリームを発売しましたが、ほどなく「白斑」が現れて発売中止となりました。

 

それ以降、市販は禁止され、医薬品として出回るようになっています。(濃度を薄めた市販品は今もある)

 

ハイドロキノンは黒ずみを作る物質である「メラノサイト」や「メラニン」に直接作用するので、効果は絶大です。また、脇の黒ずみもメラニンなので、脇の黒ずみにも非常に大きな効果を期待することができます。

 

一番怖いのが副作用

 

ハイドロキノンの副作用は結構有名ですが、やはり白斑です。黒ずみを治すどころか肌色も通り越して「真っ白」になってしまうことがあり、そうなってからはどうしようもありません。

 

これを防ぐためにはハイドロキノンの濃度を気にしなければいけませんが、あまり薄すぎても意味がない…。ですから、病院でハイドロキノンをもらうようにしましょう。

 

ハイドロキノン皮膚科でもらう

 

脇,わき,黒ずみ,ハイドロキノン

 

ハイドロキノン入りの化粧品などであれば副作用が出るまでの濃度が入っていない代わりに、効果も弱いです。でもそれでは意味がないので、皮膚科で「脇の黒ずみをケアしたい」と言えば診てもらえます。

 

皮膚科で正直に言うことによって脇に適した濃度に調整してくれたり、副作用が出た場合にも相談することが可能です。

 

また、ハイドロキノンと一緒にトレチノインと言う薬も処方され、同時に使うことによりより高い効果を発揮してくれるので、病院で素直に相談することは一石三鳥と言えのです。

 

脇の黒ずみにハイドロキノンはアリ!でも皮膚科に行こう

 

脇,わき,黒ずみ,ハイドロキノン

 

脇の黒ずみにハイドロキノンを絶対に使いたい、ということであれば間違いなく皮膚科に行った方が良いです。ハイドロキノンは効果は絶大でも副作用が怖すぎるのです。

 

例えばシミや肝斑用にもらったハイドロキノンは脇には合わないこともあるので、脇の黒ずみに使うことを伝えて医師の管理のもと、正しく使用していきましょう。