脇の黒ずみはケシミンが使える?効果や使い方を解説

脇の黒ずみにはケシミンも使える!

 

脇,わき,黒ずみ,ケシミン

 

シミやくすみに使える市販品として有名なのが「ケシミン」です。そんなケシミンですが脇の黒ずみにも使えるのかは気になるところですよね。

 

先に申し上げると脇の黒ずみにケシミンはばっちり使えます。ただし、有効成分以外は少し寂しいアイテムとなりますので、その辺もちょっと開設できれば良いなと思います。

 

ケシミンは脇の黒ずみに使える

 

脇,わき,黒ずみ,ケシミン

 

脇の黒ずみはカミソリや毛抜き、摩擦などによる刺激で脇にメラニンが作られることで黒ずみになっています。

 

対してケシミンはビタミンC誘導体で「メラニンの生成を抑える効果」が期待できるものなのでドンピシャなアイテムです。

 

ということで、脇の黒ずみを市販品で抑えていきたいという場合には、ぜひ使ってみると良いでしょう。

 

ただし、最高にオススメしたいクリームではない

 

脇,わき,黒ずみ,ケシミン

 

脇の黒ずみをケアするクリームはいくつか発売されています。その中で比べると、若干「その他の成分」が寂しい印象を受けました。

 

例えば私が使っているアットベリーだと、植物エキスなども配合されてメラニン以外に「匂い」を抑える効果も期待できます。

 

脇はどうしても匂いの出やすい場所ですし、黒ずみと同時に匂いがケアできるならそっちの方が良い気がしてしまうんですよね。

 

市販品でもコスパがそこまで良くない

 

ケシミンは30gで1,800円です。アットベリーは60gで初回2980円なので、ケシミンが市販品だからコスパが良いというわけではないようです。1回に出ていくお金は安いですが、30gということでアットベリーよりもなくなるのが早く、コスパは同じくらいと言えるでしょう。

 

とは言え、今からでもドラッグストアで買える手軽さが魅力なので、今すぐ脇の黒ずみに何かを塗りたいという場合には全然OKですよ。

 

脇の黒ずみをケアするには黒ずみを作らないことが大事

 

脇,わき,黒ずみ,ケシミン

 

今からケシミンを塗って脇の黒ずみをケアするとして、ちょっとだけ工夫してほしいことがあります。それは毛の処理方法。

 

黒ずみは放っておいたらできるはずがないので、今黒ずみがあるということは必ず原因があります。人によりますが、多くはカミソリや毛抜きなどの刺激です。

 

これをやめないことにはいつまでもケシミンなどのクリームを塗らなければいけなくなるので、黒ずみができてしまっている行動を見直しながらクリームを塗っていくようにしましょう。

 

カミソリや毛抜きなどのムダ毛処理の代替えとしては脱毛か電動シェーバーがおすすめです。特に電動シェーバーなら肌を傷つけずに毛を短くできるので、黒ずみを考慮したムダ毛処理方法としてはもってこいです。

 

脇の黒ずみにケシミンはアリ!

 

脇,わき,黒ずみ,ケシミン

 

いろいろ書いてきましたが、伝えたいのは「脇の黒ずみはケシミンでもOKだけど、黒ずみを作らない努力をしよう」ということです。

 

また、匂いも気になるという人にはもっと最適なクリームもあるので、ぜひ自分に合ったクリームをもう1度検討してみてください。