肘の黒ずみは塩で取れる?やり方は?

乾燥した肘には塩もあり!

 

肘,ひじ,黒ずみ,ケア,塩

 

以前、黒ずみケアに塩が効果的と言う噂の真相は?という記事で”毛穴に詰まった汚れで黒ずんでいるまたは乾燥によって角質硬化している場合以外はオススメしない”と書きましたが、肘の場合は角質硬化が多いので有効な場合もあるので別途記事を書かせていただきます。

 

どういうことかと言いますと、塩による黒ずみケアというのは要はスクラブです。スクラブは肌の表面を削るため、角質にメラニンが溜まっている色素沈殿型の黒ずみには効果がないけど、肘のように角質硬化が多い場合には有効ということです。

 

肘を触ってみてガサガサしているようなら試してみる価値もアリですよ^^

 

黒ずみ塩ケアの原理

 

黒ずみ塩ケアは洗顔料やボディーソープなどの泡に塩を混ぜて優しく洗います。すると、塩の粒子が肌とこすれて研磨されていき、肌の表面の角質を取っていきます。

 

なので乾燥によって角質硬化し、厚くなった皮膚を柔らかくするのにはもってこいです。ただし、市販のスクラブ剤よりは効果が弱いのであくまでコスパ重視です。お金に余裕があるならスクラブ剤を利用したほうが効率的です。

 

黒ずみ塩ケアのやり方

 

肘,ひじ,黒ずみ,ケア,塩

 

材料
塩ひとつまみ
洗顔料orボディソープor石鹸

 

やり方
1、洗顔料orボディソープor石鹸をふわっふわに泡立てる
2、塩を混ぜる
3、優しく洗う(こする

 

これだけです。また、最後には保湿ケアを必ずしてください。ケア自体は簡単ですが、やはり注意点もいくつかありますので合わせて覚えておきましょう。

 

肘といえど注意点は同じ!

 

肘,ひじ,黒ずみ,ケア,塩

 

肘はとくに乾燥しやすいので角質硬化している場合が多く、この記事を書かせていただきました。でも全員の肘の黒ずみが乾燥と言うわけではありません。なのでまずは自分の肘の状態をチェックしてください。

 

あくまで角質硬化している場合の方法なので、メラニンの色素沈殿が起きていそうな場合は塩スクラブ自体が余計な刺激になり、黒ずみが悪化することになります。

 

また、皮膚の角質硬化とその奥でメラニンの色素沈殿をしている、二重黒ずみもあり得ます。その場合は最小限のスクラブと、ターンオーバーを活発にさせる黒ずみクリームで解消可能です。この調整がなかなか難しいのですが、怖い場合は黒ずみクリームだけでも十分に解消可能です。

 

特に私も使っているアットベリーは保湿もターンオーバー活性化も同時にしてくれるので二重黒ずみでもオススメです。良かったらレビューなんかも参考にしてみてください。
薬用アットベリーを実際に使った体験談とレビュー