肘の黒ずみを治すのにオススメのパックはある?やり方は?

肘の黒ずみをパックでキレイに♪

 

肘,ひじ,黒ずみ,ケア,パック

 

肘の黒ずみを改善するためにパックを使うという話をよく聞きます。実際、肘の黒ずみを改善することを目的に作られているパックも見かけますね。今回はそんなパックの中からどんなものを選べば良いのかと、ちょっと他とは違うパック方法を伝授しちゃいます。

 

肘の黒ずみパックはどんな物を選べばいい?

 

肘,ひじ,黒ずみ,ケア,パック

 

肘の黒ずみと一言で言っても種類があります。まず多いのが頬杖をついたり、することにより肘の皮膚が肌を守ろうとして硬くなっていく角質硬化による黒ずみです。

 

もう一つがメラニンによる黒ずみです。どっちも発症してしまっている場合も多々あります。

 

前者の場合はパックだけで治すのは難しいのでお湯にゆっくり浸かってスクラブをして固くなった角質を柔らかくしましょう。

 

パックで良くなるのはメラニンによる黒ずみです。それも選ぶパックによって効果は変わってきます。

 

ここでやっとそのパックの選び方ですが、”メラニンに有効”と書いてあるものを選んでください。当たり前と言えば当たり前なんですが、美白という言葉に騙されてはいけません。

 

私が見かけたパックはさも肘が真っ白になります〜みたいなことが書かれていて、正直、「うわっすごい!」って思っちゃったんですが、良く見ると「パックした後に石鹸を使って流さないでください」と書いてあります。

 

???ですよね。

 

肘,ひじ,黒ずみ,ケア,パック

 

さらによくよく見てみると、それはファンデーション効果であることが書いてありました。結局、ファンデで色を重ねただけだったんですね。それではいつまでも解決しません。

 

なので、メラニンに有効と書いてあるものを使いましょう。もう少し具体的に言うならばビタミンC誘導体やトラネキサム酸配合のものです。これらは有効成分と言って、効果が証明されている物になります。

 

特別なパック方法

 

肘,ひじ,黒ずみ,ケア,パック

 

それは黒ずみ用クリームとラップで最強のパック方法です。当サイトでもいくつかオススメの黒ずみクリームを紹介していますが、それらには有効成分がたっぷり入っています。通常は塗るだけで十分なんですが、塗ってさらにラップをかぶせてパックすることでより浸透していくんです。

 

美容師さんがカラーの時にラップするのと同じ感じですね。レモンやヨーグルトのパックもありますが、正直民間療法の域を出ません。本気で肘の黒ずみを解決するのであれば、メーカーが黒ずみを治すために作った黒ずみクリームを上手に使って治していきましょう。