肘の黒ずみにハイドロキノンは効く?実は怖い副作用・・・

ハイドロキノンを知ろう!

 

まずはハイドロキノンの説明から書いていきます。知っている人も知らない人もハイドロキノンを知ることで肘の黒ずみに効果あるのかが良く分かります。では行ってみましょう。

 

ハイドロキノンとは?

 

肘,ひじ,黒ずみ,ケア,ハイドロキノン

 

ハイドロキノンと言うのはイチゴや紅茶などにも含まれる成分で”肌の漂白剤”とまで言われる非常に強い力を持った成分です。外国では医療品として使われているところもありますが、日本では濃度制限などがあり、まだ一般的にはあまり見かけないです。

 

お医者さんでも一部の皮膚科でしか取り扱っていないようです。

 

肌の漂白―ということで肌を白くする作用には優れています。通常、肌は刺激などのダメージを受けると肌の中のメラノサイトという細胞がメラニンを生成します。

 

それをターンオーバーで排出されきれなかったものが色素沈殿して黒ずみになるわけですが、ハイドロキノンはメラニンを作る元のメラノサイトを破壊します。さらに色素沈殿したメラニンも還元してなかったことにしてくれるので相当な力を持っていることがわかります。

 

で、これだけ聞くとすごく良いような気がするんですが、ここまで強い作用を持つと怖いのは副作用です。次は副作用と注意点について見ていきましょう。

 

ハイドロキノンの副作用と注意点

 

肘,ひじ,黒ずみ,ケア,ハイドロキノン

 

そもそもメラノサイトを破壊してしまっていいのか?というお話です。メラニンはたまたま黒いから見た目が悪いですが、私たちの肌を守るために作られるのです。そんなメラニンを作れなくしてしまうなんて恐ろしくないですか??

 

なのでデメリットは、

 

  • ハイドロキノンを使った後の肌は刺激に非常に弱い(特に紫外線)
  • 作用が強いので肌が荒れたり痛いことも
  • 肌の一部が異様に白くなる、白斑(白ぬけ)が起こる可能性がある

 

この3つです。

 

私個人の意見ですと、怖すぎて使えません・・・。

 

もし使うのであれば、きちんと皮膚科で専門医の指示の元使った方が良いです。そしてこれは最終兵器!そんなことしなくても安全にターンオーバーで良くしていく黒ずみクリームだってあります。

 

肘の黒ずみには効くの?

 

肘,ひじ,黒ずみ,ケア,ハイドロキノン

 

肘の黒ずみの原因は刺激によるメラニンの色素沈殿と乾燥による角質硬化の2種類あります。このうち、ハイドロキノンはメラニンの色素沈殿には効きます。

 

ただし、ここまで書いてきたように素人判断で使うのは危険です。ハイドロキノンが肘の黒ずみを解消してくれる可能性は高いですが、必ずお医者さんに相談してください。

 

もしくは安全性の高い、ハイドロキノン濃度1%〜3%のものを使ってください。くれぐれも外国製の濃度の濃いものは使わないように!