手の甲の黒ずみ(シミ)を上手に予防!歳を重ねても綺麗な手で!

手の甲の黒ずみ(シミ)を上手に予防する方法!

 

手の甲の黒ずみは主に40歳くらいから出やすいと言われますが、人によっては20代後半から現れることもあります。これはその人の生活習慣によって変わってくるためです。

 

今回はそんな手の甲の黒ずみ(シミ)を上手に予防する方法を紹介するので、ぜひ参考にしてみてください。

 

手の甲の黒ずみ(シミ)を予防する方法

 

まず手の甲に黒ずみができる原因は主に下記の3つです。

 

  • 老化現象によるもの
  • ケガやヤケドによるもの
  • 仕事や環境など手の使い方によるもの

 

それぞれの予防方法を見ていきましょう。

 

老化現象による手の甲の黒ずみの予防法

 

老化現象と言ってもその原因は「紫外線」になります。さらにアウトドアが好きな人や日焼けが多い場合は20代でもこの老化現象は起こります。

 

これはいわゆるシミですが、紫外線を浴びないことが最も効率的な予防法です。

 

どうしても紫外線を避けられないという場合は日焼け止めや、アームガード、手袋などを使用するようにしましょう。

 

ケガやヤケドによる手の甲の黒ずみの予防法

 

ケガやヤケドをすると、その傷跡が黒ずみになります。まずケガやヤケドをしないように気を付け、なってしまった場合は早めにアットノンなどを使用します。

 

時間が経ちすぎるとアットノンなども使えなくなるので、早めに対策しておくことが大切です。

 

仕事や環境など手の使い方による手の甲の黒ずみの予防法

 

手の使い方による黒ずみではまず、自分のどんな行動が黒ずみになってしまっているのかを確認しましょう。

 

わかりやすい例でいえば、野球のグローブなんかが当てはまります。グローブをはめて激しく運動することで手の甲に摩擦が起きて黒ずみができます。

 

これと似たような「手の甲に刺激や摩擦が起きる行動」を見つけてやめることが手っ取り早い予防法になります。

 

保湿することも予防になる

 

あとは手の甲をしっかり保湿してあげることで黒ずみができにくくなります。

 

手の甲の黒ずみは主にメラニンという物質ですが、これはターンオーバーが正常であれば数日〜数カ月で消えていきます。消えないということはターンオーバーが正常ではないということです。

 

基本的にはしっかり保湿していればターンオーバーもおこなわれますが、年齢を重ねるとどうしてもターンオーバーが遅くなってしまいます。

 

そんな時は保湿に加えてターンオーバーを補佐してくれる成分が入っているクリームなどを使用すると良いでしょう。