手の甲の黒ずみ(シミ)はアロエでケアできる?使い方は?

手の甲の黒ずみ(シミ)をアロエでケアできる?

 

手の甲の黒ずみは主に「メラニン」という物質でできています。このメラニンをアロエでケアできるのか、というところが今回の焦点となります。

 

ということで、アロエに期待できる効果や使い方を紹介していくので、ぜひ参考にしてみて下さい。

 

アロエには200種類以上の栄養が詰まっている

 

アロエにも様々な種類がありますが、化粧品用に使われる1番人気はアロエベラという品種です。この中には200種類以上の有効成分が入っていると言われています。

 

アミノ酸やミネラル、ビタミンはもちろんのこと、最も注目すべきは「アロエチン」という成分です。

 

このアロエチンは殺菌作用があり、ニキビや水虫、魚の目など様々な症状に使用されてきました。さらにシミや黒ずみの原因になる「メラニン」を抑制する効果も期待されているのです。

 

アロエの使い方

 

「メラニン」に効果が期待できる、ということは手の甲の黒ずみにだって効果が期待できますね。

 

次はそんなアロエの使い方を見てみましょう。

 

直接塗る

 

アロエの中にはヌルヌルの液体が入っていますが、これを直接肌に塗るという方法。これが最も簡単な方法です。

 

ただしいくつか注意点があるので覚えておきましょう。

 

  • 肌が弱い人はアレルギーが出ることがある
  • アロエの歯の根元の黄色い液体は刺激が強いので避ける
  • 服につくとシミが落ちない

 

基本的に直接肌に塗るのは上級者的なやり方なので、必ずパッチテストをおこなうようにしてください。

 

食べる

 

アロエを食べることでアロエの栄養を補給し、黒ずみやシミを作りにくくするという方法。これも効果は期待できます。しかし、直接塗る場合に比べて手の甲の黒ずみに効くかというと疑問が残りますね。

 

ただ、栄養はあって体に良いのでアロエを含むヨーグルトや、慣れてきたら育てて食べるというのもアリです。アロエを食す場合は、稀に下痢を引き起こしたりすることもあるので注意しましょう。

 

ただし、化粧品より効果があるとは思えない

 

アロエで手の甲の黒ずみをケアする方法を2つ紹介しました。アロエ自体には栄養が豊富に含まれていて、手の甲の黒ずみの原因でもあるメラニンにも効果が期待できるので良い方法だとは思われますが、肌に刺激が強かったりと誰にでもおすすめできる方法というわけではありません。

 

また、そもそもアロエを入手するくらいなら化粧品を買ってしまった方が簡単です。

 

手の甲の黒ずみが「メラニン」だということがわかっていれば化粧品選びも難しくはないので、ぜひ自分に合った方法で上手にケアしていくようにしましょう。